大学案内

キャンパス・附属施設

本部学舎(岐阜薬科大学本部・岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科)

本部学舎

岐阜薬科大学 本部学舎

設立;平成23年4月
場所;岐阜市大学西(33,912平方米) アクセス

1F  岐阜薬科大学事務局
2-7F  岐阜薬科大学研究室
8F  岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科

 

三田洞キャンパス

三田洞キャンパス

三田洞キャンパス

設立;昭和40年9月
場所;岐阜市三田洞東(40,421.86平方米) アクセス

グラウンド/運動施設:
鳳川会館(体育館・柔道場・剣道場)・弓道場・テニスコート
教育施設:
附属図書館・村山記念情報教育センター
研究施設:
生物薬学研究所・製薬研究所・放射線施設

岐阜薬科大学附属薬局

岐阜薬科大学附属薬局

岐阜薬科大学附属薬局

設立;平成10年9月
場所;岐阜市大学西1丁目

平成10年9月、全国に先駆けて薬科大学(薬学部)附属薬局を開設し、臨場感あふれる薬剤師養成実務実習や研究に利用してきました。平成16年6月に現在の地に移転し、薬学教育6年制での薬局実務実習に対応できるような実務研修用の教育設備、最新の調剤設備と患者さんにやさしいバリアフリー環境を備えた附属薬局を開設しました。

⇒ 岐阜薬科大学附属薬局ウェブサイト

 

 

 岐阜薬科大学附属図書館

岐阜薬科大学附属図書館

岐阜薬科大学附属図書館

設立;昭和57年10月
場所;三田洞キャンパス2F/本部学舎(図書検索室)

岐阜薬科大学附属図書館は、蔵書数:図書=約4万冊、製本雑誌=約3万冊の特に薬学系資料が充実した図書館で、学習および教育・研究支援のため、図書や雑誌などの資料の整備に努めています。また、従来の印刷物だけでなく、オンラインジャーナルやデータベースの整備にも努めており、学生・院生をはじめとする学内利用者は、オンラインジャーナルやデータベース(SciFinder)を利用できます。

⇒ 岐阜薬科大学附属図書館

 

グリーンファーマシー教育推進センター

  

 

設立;平成18年4月
場所;岐阜薬科大学本部 事務局内

グリーンファーマシー教育推進センターは、「豊かな人間性と強い倫理観に支えられた優れた人格の形成」、および「医療薬学と創薬科学の高度化に対応しうる人材の養成」に必要な教育を推進する学内拠点として設置されました。

グリーンファーマシー教育推進センター

 

村山記念情報教育センター

村山記念情報教育センター

村山記念情報教育センター

 

設立;昭和9年3月
場所;三田洞キャンパス 本館四階

経緯;専門2回卒 村山 元 様より寄付を受けて設立
開館時間;平日9:00~17:00

コンピューターを使った実習・演習に利用する以外に、自習用途に解放。コンピューター45台・Windows / MSoffice / ディスクイメージ集中管理ソフト導入。室内の飲食禁止。

 

 

薬草園(岐阜薬科大学附属研究施設)

薬草園(岐阜薬科大学附属研究施設)

薬草園(岐阜薬科大学附属研究施設)

 

設立;昭和46年3月
場所;岐阜市椿洞

中国の姉妹校からの寄贈を含めて117科、700種以上の薬用植物が栽培され、毎年5ヶ月間にわたり一般公開されています。

 

⇒ 岐阜薬科大学附属薬草園ウェブサイト

 

 

子の原川島記念演習園(岐阜薬科大学附属研究施設)

子の原川島記念演習園(附属研究施設)

子の原川島記念演習園(附属研究施設)

設立;昭和52年8月
場所 :乗鞍山麓子ノ原高原の一部(33,912平方米)

経緯;篤志家から寄附を受けて設立
目的;寒冷地系薬草栽培の研究のため

乗鞍岳の麓にある子の原高原の33,912㎡の敷地に研究開発センターがあり、寒冷地系薬用植物(ダイオウ、エゾウコギ)の栽培、育種及び植物分類などの教育研究実習に利用されています。大学の附属薬草園と共に多くの薬草が教育研究に寄与しています。

図書館

学生掲示板

HOMEに戻る

トップへ戻る