教育

グリーンファーマシー

グリーンファーマシー

グリーンファーマシーを基盤とする教育について

本学の基本理念として、「ヒトと環境にやさしい薬学(グリーンファーマシー)を掲げています。 ”グリーン”には、安心、安全、ヒトと環境にやさしいなどの意味が込められています。
学部の教育目標は、グリーンファーマシーに関する学理と技術を深く、広く教授研究し、知的道徳的に優れ、また、応用力のある人材を養成することにあります。すなわち、薬学科では「グリーンファーマシーを実践できる薬剤師」、薬科学科では「グリーンファーマシーに基づく創薬研究を遂行できる研究者・技術者」を養成することにあります。
大学院の教育目標は、「グリーンファーマシーを基盤として豊かな学識と優れた人格を醸成し、薬学領域において自立して創造的研究を遂行できる研究者・技術者および医療現場で指導的役割を担う薬剤師」を育成することにあります。

これらの教育目標の達成を目指して、以下の具体策を実施・推進します。

  1. グリーンファーマシー教育推進センターの設立
    センターでは、学部と大学院の教育システムの立案・実行・評価・改善をおこないます。
  2.  教育目標である「グリーンファーマシーを基盤とする教育」の具体化と共有
  3.  FD推進による教育の質と水準の向上
  4.  他大学や研究機関および海外の学術提携校との教育連携の強化
  5.  教育活性化に向けた任期制における教育評価の改善

図書館

学生掲示板

HOMEに戻る

トップへ戻る