著書

2020年

  1. 大津 航、原 英彰(分担執筆)
    第24章 光ストレスによるエイジングの分子メカニズムとその防御
    最新皮膚エイジングメカニズムと高機能性シワ改善化粧品の開発、シーエムシー出版、2020、6、30発行

2019年

  1. Hara H, Hosokawa M, Nakamura S, Shimohata T and Nishihara M
    Progranulin and Central Nervous System Disorders
    2019、3、25発行
  2. 原英彰(編著)
    なにはともあれ元気が一番! 知って損なし脳・心・からだ・くすりのお話
    2019、3、9発行

2018年

  1. Nishimura Y and Hara H
    DRUG REPOSITIONING: CURRENT ADVANCES AND FUTURE PRESPECTIVES
    Frontiers in Pharmacology、2018年9月発行

2017年

  1. 原英彰
    知的財産管理体制の構築 
    大学評価研究 第16号、公益財団法人 大学基準協会 総務部発行、2017年10月発行
  2. 原英彰
    視機能を守る成分 アントシアニン豊富なブルーベリー 
    北欧産のビルベリー、NHKテキスト きょうの健康NHK出版、2017、6、21発行
  3. 原英彰(分担執筆)
    スタンダード薬学シリーズⅡ第6巻 医療薬学Ⅲ.薬理・病態・薬物治療(3)、(6)-①眼疾患の薬、病態、治療 SBO24-27、東京化学同人、2017、4、17発行

2016年

  1. Ogawa K. and Hara H.
    The involvement of anthocyanin-rich foods in retinal damage
    Recent Advances in Polyphenol Research, Wiley-Blackwell, Volume 5, chapter 9, pp193-205, 2016.
  2. 原英彰
    視機能を守る成分 アントシアニン豊富なブルーベリー 
    北欧産のビルベリー、NHKテキスト きょうの健康NHK出版、2016、8、21発行
  3. 原英彰、久世祥己(分担執筆)
    チャプター3 ブルーライトと眼科疾患,眼精疲労,片頭痛
    6 ブルーライトが網膜の細胞障害を起こすメカニズム
    ブルーライトテキストブック、金原出版、pp103-107、2016、6、20発行
  4. Kakino M. and Hara H.
    Agarwood: Pharmacological Effects of Aquilaria spp. Leaves and Their Chemical Constituents
    Part of the series Tropical Forestry, pp 125-136, June, 2016

2014年

  1. 原英彰、柿野衛(分担執筆)
    第3章 便秘解消 2 沈香(ジンコウ)葉エキスの便秘改善作用
    女性の疾患と美容のための機能性素材の開発、シーエムシー出版、pp61-69、2014、7、3発行
  2. 原英彰(分担執筆)
    第4章 目が劇的によくなる「食品」 ブルーベリー -抗酸化作用で緑内障、糖尿病網膜症に効果が期待-
    目が劇的によくなる最強辞典 -専門家が教える26の視力回復・健康法-、マキノ出版、2014、6、22発行
  3. Shimazawa M. and Hara H.
    ER Stress.
    In: Neuroprotection and Neuroregeneration for Retinal Diseases (eds. by Nakazawa T. et al.), Springer Japan, 29, 8, 2014.

2011年

  1. Imamura K., Shimazawa M., Onoe H., Watanabe Y., Ishii K., Mayama C., Akasaki T., Shimegi S., Sato H., Nakadate K., Hara H. and Araie M.
    Central changes in glaucoma: Neuroscientific study using animal models
    In: The Mystery of Glaucoma (eds. by Tomas Kubena), InTech, Croatia, chapter 17, Sep. 2011.
  2. 原英彰
    前向き脳でエンジョイ・エイジング!長寿の秘訣は脳の健康から、学文社、2011、8、10発行

2010年

  1. 原英彰(編集)
    医薬品開発論、廣川書店、2010、2、25発行

2008年

  1. 原英彰(編集)
    パートナー機能形態学 ヒトの成り立ち、南江堂、2008、8、20発行

2006年

  1. 原英彰(分担執筆)
    特集:アルツハイマー病診断・治療の新しい展開、小胞体ストレスのシャペロン誘導
    メディカルレビュー社、Pharma Medica Vol.24, No.7, pp59-66, 2006.
  2. 原英彰
    特集:視覚メカニズムから探る脳の世界、眼の病気と脳の病気との関係を探るー網膜疾患と脳機能障害
    アドスリー(東京)、Biophilia Vol.2, pp26-31, 2006.

1990年

  1. Nagasawa H., Kogure K. and Hara H.
    Nimodipine attenuates both ischemia-induced brain edma and mortality in a rat novel transient middle cerebral artery occlusion model.
    In: Brain Edema VIII (eds. by H.-J. Reulen, A. Baethmann, J. Fenstermacher, A. Marmarou and M. Spatz), Springer, New York, 51, pp251-253, 1990.
  2. Kogure K., Hara H. and Asano T.
    Brain ischemia and brain edema.
    In: Neurobiochemistry (eds. by M. Kurokawa, A. Satake and E. Miyamoto), Kyoritu-syuppan, Tokyo, 5, pp1254-1270, 1990.
  3. Kogure K. and Hara H.
    Biochemistry of ischemia induced brain injury.
    In: Review of Neuroscience IV (eds. by M. Ito and H. Narabayashi), Igaku-shoin, Tokyo, pp151-168, 1990.
  4. Kogure K. and Hara H.
    Biochemistry and mecahnism of ischemia-induced brain injury.
    In: New Trends in Dementia Research (eds. by J.M. Orgogozo and C.G. Gottfries), Parthenon Publishing, Lancs, pp63-98, 1990.