2023年12月12日~15日にかけて本学の交流校である浙江大学药学院から、顧振(Gu Zhen)院長、楊輝栄(Yang Huirong)副院長、高建青(Gao Jianqing)教授が、5名の博士課程学生とともに本学に来校されました。

13日(水)には学生交流会、14日(木)には特別講演会が開催されました。

特別講演会では、顧教授と高教授にそれぞれ、疾患治療を標的とした生体反応性薬物送達と幹細胞ベースの薬物送達システムに関する最新の研究成果を披露していただきました。会場には100人近くの観客が集まり、活発な質疑応答が行われました。

PC142117_640x480.jpg

PC142137_1280x960.jpg

学生交流会では、薬学博士課程学生である李耀生(Li Yaosheng)、周哲晟(Zhou Zhesheng)、骆张泓(Luo Zhanghong)、蔡国鑫(Cai Guoxin)、马史佳(Ma Shijia)の5名に、それぞれの研究分野について紹介していただきました。

本学からも4つの研究室(製剤学、生化学、薬理学、衛生学)を見学していただき、研究交流についての意見交換を行いました。さらにモーバイルファーマシーや薬局も紹介させていただきました。

PC142175_1280x960.jpg

学術交流以外にも、中日友好公園と金華山、岐阜城を訪れ、杭州と岐阜の友好交流の歴史、岐阜の歴史に触れていただきました。

DSC04514_1280x960.jpg

DSC04525_1280x960.jpg

※原学長との会談の様子はこちら

Attachment-2_640x480.jpg Attachment-3_640x480.jpg