2018年度~現在

2021.05.22 第85回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム

第85回日本生化学会中部支部例会・シンポジウムで、5回生の伊藤さんが「肺腺がんスフェロイド細胞のグルコース代謝と抗がん剤感受性に対するクローディン-2の影響」について発表し、奨励賞を受賞しました。

第85回日本生化学会中部支部伊藤さん20210609-2.jpeg

2020.11.21-22 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2020

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2020で5回生の周さん、松永さん、廣田さんが発表し、周さん、松永さんかベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

周さん : 「マグネシウム添加によるGSK3/CREB経路を介する皮膚ヒアルロン酸産生の亢進」

松永さん: 「シアニジンによる細胞間接着分子claudin-2の発現低下を介した抗癌剤感受性の亢進」

202011周さん.jpeg 202011松永さん.jpeg 202011.jpeg

2019.12.12-13 第47回日本薬学会構造活性相関シンポジウム

熊本県で開催された第47回構造活性相関シンポジウムで、遠藤准教授が「アンドロゲン合成酵素を標的とした新規去勢抵抗性前立腺がん治療薬の開発」について発表し、優秀発表賞を受賞しました。

SAR-2.jpg 11091052900406.jpg

2019.05.25 第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム

名古屋大学、野依記念学術交流館で開催された第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウムで大学院生1名、学部生3名が発表を行いました。

76件のポスター発表の中から7件の奨励賞が選ばれ、研究室からは以下の2件の発表が受賞しました!

岩佐さん:「フェブリフジン誘発胃細胞傷害における活性酸素種産生と小胞体ストレス誘導の関与 」

奈迫さん:「肺腺がんスフェロイド細胞の抗がん剤抵抗性改善作用を有するクローディン-2結合性短鎖ペプチドの開発 」

第83回日本生化学会20190525-1.jpg

image0 (9).jpeg 第83回生化学会20190525-2.jpg 第83回生化学会20190525-4.jpg
第83回生化学会20190525-4.jpg 第83回生化学会20190525-6.jpg

2018.11.04 日本病院薬剤師会東海ブロック日本薬学会東海支部合同学術大会2018

静岡県立大学で開催された日本病院薬剤師会東海ブロック日本薬学会東海支部合同学術大会2018で大学院生2名、学部生1名と遠藤講師が発表を行いました。

M1 江口くんは「肺腺がん細胞の抗がん剤耐性化における細胞間接着分子オクルディンの病態生理的役割」という演題でポスター発表を行い、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。この賞は、学術上注目すべき内容を明快かつ熱意を込めた発表に対して贈られるもので、将来的発展性が期待される点が評価されました。

江口くん.jpg

2018.05.20 第82回日本生化学会中部支部例会

岐阜大学で開催された第82回日本生化学会中部支部例会・シンポジウムで大学院生1名、学部生5名と遠藤講師が発表を行いました。

東さんは「アミノノナノフェノン誘導体毒性におけるCYP3A4の意義」という演題でポスター発表を行い、77演題から優れた6演題のうちの1件に選ばれました。

2018学会全体.jpg

2018学会東さん.jpg 2018学会東さん表彰.jpg