ライン

 

ライン

 岐阜薬科大学 薬品化学研究室へようこそ。

 薬品化学研究室では、プロセス化学、有機合成化学、創薬化学、環境化学への実用的貢献を目標として活発に研究し、60件超の特許を保有しています。特に「安全」、「環境負荷低減」、「コスト」、「反応効率」をキーワードとした「機能性新規触媒の開発研究」は「連続フロー合成への適用」に向けて展開させており、既に12種類の官能基選択的接触還元触媒を実用化しました。

 また、ルイス酸触媒やカチオン種に注目した新しい有機分子構築法の開発と、独自に開発した方法論を応用した全合成研究にも取り組んでいます。

 なお、当研究室独自の触媒的重水素標識法は、重水素標識試薬販売・受託合成事業として実用化されるとともに、残留農薬や医薬品代謝物定量用サロゲート化合物への応用、あるいはヘビードラッグ開発研究へと展開しています。

 さらに水や炭化水素から水素ガスをメカノ反応的に取り出したり、メチルシクロヘキサンやアルコール類などの有機ケミカルハイドライドから、マイクロウェーブエネルギーを利用したフロー連続反応で水素を取り出すなど、次世代エネルギーの創製研究にも携わっており、地球温暖化対策に向けた実用的研究展開にも積極的取り組んでいます。

 また、研究室所属で申請資格のある博士(後期)課程大学院生が、全員「日本学術振興会特別研究員」に採用されるなど、活発な研究・教育活動を展開しています。

 

 こちらも併せてご覧下さい → 岐阜薬科大学 薬品化学研究室紹介ページ
                有機合成化学協会誌, 71, 405 (2013) 巻頭言

           薬品PV  ケムステ

           薬品化学研究室紹介動画(mp4)             Chem-Station 第2回ケムステVプレミアムレクチャー

 

研究テーマ

「新しい不均一系機能性触媒の開発」

  →詳細はこちら Chem. Pharm. Bull. 65, 2–9 (2017),
          研究概要:pdf岐阜薬科大学紀要, 59, 8-16 (2010)岐阜薬科大学紀要, 57, 45-54 (2008)
          Organic Square
, 22, 2-4 (2008)有機合成化学協会誌, 63, 1218-1231 (2005)
          有機合成化学協会誌, 59, 109-120 (2001) ,固定化触媒のルネッサンス ,フロー接触還元
         当研究室が開発した触媒が富士フイルム和光純薬株式会社から発売されています
         https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/category/00074.html
         当研究室との共同研究で開発されたDualPore™メタルスカベンジャーシリカゲル(溶出金属の回収)が
         株式会社エスエヌエジーと佐々木化学薬品株式会社から発売されています
         https://www.sng-inc.co.jp/
         http://www.sasaki-c.co.jp/business/environmental/life_science/ms-silicagel.html

「重水素(D)標識化法の開発」

  →詳細はこちら 研究概要:pdf薬学雑誌(総説),133 (11), 1177-1193 (2013)岐阜薬科大学紀要, 60, 41-50 (2011)
           化学と教育
, 61(8),404-407 (2013)有機合成化学協会誌, 65, 1179-1190 (2007)
           Organic Squere36Organic Squere35 , ChemStation , Chem. Pharm. Bull. (Current Topics), 66, 21-28 (2018)
          中日新聞プラス 重水素標識技術に関連した解説

          4 重水素ってなんだ?:第1話:水素と重水素 ~重い水素の正体

          5 重水素ってなんだ?:第2話:重水素標識化合物は簡単に作れるのか? ~重水中で生物は生存できるか?~ 

          6 重水素ってなんだ?:第3話:重水素標識化合物の産業的・科学的有効活用法

「既存の不均一系白金属触媒が潜在的に保有する未知の機能性(触媒活性)の開拓」

  →詳細はこちら  Heterocycles,91,239-264(2015) Catalysts,5,18-25(2015) , 岐阜薬科大学紀要, 62, 57-67 (2013) , フロー接触還元

「カチオン種の新規発生法に基づく効率的骨格構築法の開発」

「芳香族塩素化合物からの簡便脱塩素化法を開発してダイオキシン、DDT、PCBの 分解無毒化に応用する」

  →詳細はこちら  Heterocycles,90,186-197(2015)

「次世代エネルギーシステムの構築を指向した新しい反応開発                           

  →詳細はこちら 機械エネルギーで水から水素を製造する次世代エネルギー  読売新聞 平成29年3月15日朝刊30面
          岐阜新聞 2016年12月22日(木)朝刊

          中日新聞プラス 地球温暖化に関連した解説

          1 地球温暖化を考える: 第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?

          2 地球温暖化を考える: 第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源 

          3 地球温暖化を考える:第3話:水から水素を簡単に取り出す!! 次世代エネルギー製造法への挑戦   

          キヤノン財団「リユニオン」

          毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20190217/ddl/k21/040/094000c

          岐阜新聞 https://www.gifu-np.co.jp/news/20190215/20190215-114304.html

          J. Synth. Org. Chem., Jpn., 77, 1070-1077 (2019)https://doi.org/10.5059/yukigoseikyokaishi.77.1070
          Open Access!

インフォメーション

2021/6/10

大阪大学大学院の岡直輝君が6/1からメンバーに加わりました。

薬品化学研究室紹介動画を作成しました。

こちらをご覧下さい→mp4

 

2021/4/30

当研究室の論文がBull. Chem. Soc. Jpn.のSelected Paperに選ばれ、インサイドカバーを飾りました。

Efficient Continuous-Flow H-D Exchange Reaction of Aromatic Nuclei in D2O/2-PrOH Mixed Solvent in Catalysts Cartridge Packed with Platinum on Carbon Beads

Kwihwan Park, Naoya Ito, Tsuyoshi Yamada, and Hironao Sajiki

Bull. Chem. Soc. Jpn. 2021, 94, 600-605.

BCSJ2021

 

2021/4/23

当研究室が共同研究しているオルガノ(株)の高田 仁 様が、「モノリス状イオン交換樹脂の合成と応用」に関する研究で、令和2年度 日本イオン交換学会 進歩賞「モノリス状イオン交換樹脂の合成と応用」を受賞されました。

 

当研究室B5(受賞時B4)の古堅力君が日本薬学会第141年会学生優秀発表賞を受賞しました。

令和3年3月26-29日に開催された日本薬学会第141年会において、 古堅力さんが学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。

本賞は学生の研究意欲向上を目的とし、優れた研究成果並びに優秀な発表と認められた学生に対し授与されるものです。

発表題目は「 金錯体と銀塩を組み合わせたピラノインドール誘導体の合成法 」です。

古堅

2021/4/1

井川貴詞准教授が大阪大学大学院薬学研究科より着任されました。

ikawa

 

2021/3/31

佐治木先生がChem-Station 第2回ケムステVプレミアムレクチャーで講演しました。

講演はYouTubeで公開されています。

以下のリンク先をご参照下さい。

第2回ケムステVプレミアレクチャー「重水素標識法の進歩と未来」 - YouTube

 

澤間准教授が大阪大学大学院薬学研究科 薬品製造化学分野(赤井研究室)准教授として転出されました。

11年間に渡る薬品化学研究室でのご貢献に感謝致します。

sawama

 

2021/3/19

佐治木先生がChem-Station 第2回ケムステVプレミアムレクチャーで講演します!

ケムステVプレミアレクチャー

 

第二回ケムステVプレミアレクチャー

「重水素標識法の進歩と未来」

講師:佐治木弘尚先生(岐阜薬科大学)

対象:誰でも(講演内容は研究の最先端も含みます)

日時:2020年3月31日(水)18:30~20:30 (約2時間)

会場:オンライン(YouTubeのプレミア配信、当日以降の数日程度の限定公開)

主催:Chem-Station

協賛:富士フイルム和光純薬工業

言語:日本語 参加費:無料

参加登録:煩雑な登録はなく、YouTubeでケムステチャンネルをチャンネル登録するだけでOK!

https://www.chem-station.com/blog/2021/03/pl2.html

 

 

2021/3/2

論文が1報掲載されました

Efficient Continuous-Flow H-D Exchange Reaction of Aromatic Nuclei in D2O/2-PrOH Mixed Solvent in Catalysts Cartridge Packed with Platinum on Carbon Beads
Kwihwan Park, Naoya Ito, Tsuyoshi Yamada, and Hironao Sajiki
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2021, 94, 600-605.
Selected Paper
bullchamsocjpn2020-3

 

2021/2/19

論文が1報掲載されました。

Revisiting the Synthesis of Aryl Nitriles: a Pivotal Role of CAN
Rakhee Saikia, Kwihwan Park, Hayato Masuda, Miki Itoh, Tsuyoshi Yamada, Hironao Sajiki, Sanjeev P. Mahanta, Ashim J. Thakur, Utpal Bora
Org. Biomol. Chem. 2021, 19, 1344-51
https://doi.org/10.1039/D0OB02518F
OBC2021

 

2021/2/16

JNC株式会社のWebサイトで当研究室との共同研究が紹介されました

https://www.jnc-corp.co.jp/rd/compact-flow/case2.html

論文はこちら

Development of Carbon-Neutral Cellulose-Supported Heterogeneous Palladium Catalysts for Chemoselective Hydrogenation

Tsuyoshi Yamada, Wataru Teranishi, Kwihwan Park, Jing Jiang, Takumu Tachikawa, Shinichi Furusato, and Hironao Sajiki

ChemCatChem, 2020, 12, 4052–4058.

https://doi.org/10.1002/cctc.202000805

 

2020/11/12

論文が掲載されました。

Copper-Catalyzed Aqueous N–O Bond Cleavage of 2-Oxa-3-Azabicyclo Compounds to Cyclic cis-1,4-Amino Alcohols
Naoki Yasukawa, Yuya Miki, Marina Kuwata, Hironao Sajiki* and Yoshinari Sawama*
ChemSusChem, 2020, 13, 5632-5637.
DOI: 10.1002/cssc.202001739
ChemSusChem2020-2   coverpicture(CCC2020) Cover Picture に選出されました。

 

Skeletal Reorganization Divergence of N-Sulfonyl Ynamides
Linwei Zeng, Yuxin Lin, Jiaming Li, Hironao Sajiki, Hujun Xie, Sunliang Cui
Nature Commun. 2020, 11, 5639-5648. Open Access!
https://doi.org/10.1038/s41467-020-19467-5
naturecommun2020

 

One-pot Heteroarene Synthesis Based on Ruthenium-on-Carbon-Catalyzed Oxidative Aromatization using Oxygen
Yuta Yamamoto, Yutaro Yamada, Hironao Sajiki* and Yoshinari Sawama*
Bull. Chem. Soc. Jpn., 2020, 93, 1419-1423.
doi:10.1246/bcsj.20200155  
BCSJ2020

 

2020/10/21

論文が掲載されました。

Development of a Facile and Simple Processes for Heterogeneous Pd-Catalyzed Ligand–Free Continuous-Flow Suzuki–Miyaura Coupling
Tsuyoshi Yamada, Jing Jiang, Naoya Ito, Kwihwan Park, Hayato Masuda, Chikara Furugen, Moeka Ishida, Seiya ?tori, Hironao Sajiki
Catalysts, 2020, 10, 1209-1222.
doi:10.3390/catal10101209
catalysts2020

 

 

 

NFORMATION一覧はこちらをご覧ください

 

 

back

 

薬品化学研究室で開発した触媒
Pd/C(Ph2) Pd/C(en) Pd/PEI
10% PD/C(Ph2S)触媒
製品名:SGS-10DR

(左)Pd/C(en)触媒


(中央・右)Pd/Fib

(左)Pd/C(en)触媒     

(左から 5% 5g,

      10% 5g,

      5% 25g)


(右)Pd/PEI

エヌ・イー・ケムキャット株式会社より 市販中

詳しくはこちら
(Adv. Synth. Catal. 350, 406-410 (2008))

和光純薬工業株式会社より 市販中

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol77,No.3 (2009)(pdf.1.45MB)

 

和光純薬時報OrganicSquare_vol22(2008)(pdf.1.95MB)

 

 

 

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.
〒501-1196 岐阜県岐阜市大学西1-25-4  岐阜薬科大学 薬品化学研究室  TEL:058-230-8100(代表)  FAX:058-230-8105