ライン

井川 貴詞 准教授  Associate Professor Takashi Ikawa Ph.D.

ライン

 

ikawa

井川 貴詞 准教授

Associate Professor
Takashi Ikawa Ph.D.

mail: ikawa-ta-at-gifu-pu.ac.jp

(-at-を@に変えてください)

略歴

平成 8年(1996) 4月 岐阜薬科大学薬学部製造薬学科 入学

平成 12年(2000) 3月 岐阜薬科大学薬学部製造薬学科 卒業

平成 12年(2000) 4月 岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程 入学

平成 14年(2002) 3月 岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程 修了

平成 14年(2002) 4月 岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士後期課程 入学

平成 17年(2005) 3月 岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了

 

平成17年(2005)4月~平成19年3月 米国マサチューセッツ工科大学化学科博士研究員(Stephen L. Buchwald教授)

平成19年(2007)4月~平成25年6月 静岡県立大学薬学部助教(医薬品創製化学分野、赤井周司教授、濱島義隆教授)

平成25年(2013)6月(6月16日)~平成28(2016)年9月 大阪大学大学院薬学研究科助教(薬品製造化学分野、赤井周司教授)

平成28年(2016)10月~令和3年(2021)3月 大阪大学大学院薬学研究科准教授(薬品製造化学分野、赤井周司教授)

令和3年(2021)4月~ 岐阜薬科大学大学院薬学研究科准教授(薬品化学研究室、佐治木弘尚教授)

現在に至る

専門
有機化学 (薬系化学および創薬科学関連,有機合成化学関連)
受賞

平成12年(2000)度 岐阜薬科大学 学長賞

平成15年(2003) 日本プロセス化学会2003サマーシンポジウム優秀賞
「ニトリルをアルキル化剤として用いる芳香族アミンの 環境負荷低減型モノアルキル化法の開発」

平成17年(2005)~18年(2007) 上原記念生命科学財団ポストドクトラルフェローシップ

平成21年(2009)度 有機合成化学協会ダイセル化学工業研究企画賞
「13及び14族元素の特性を利用したアラインの位置選択性制御法の開発」

平成25年(2013)度 日本薬学会東海支部学術奨励賞
「フェノール類から多置換芳香族化合物の効率的合成」

平成26年(2014)度 大阪大学総長奨励賞

令和元年(2019)度 有機合成化学協会関西支部賞  
「有機反応の完全シミュレーションを志向する理論研究と合成化学への応用」

令和元年(2019)度 日本薬学会化学系薬学部会賞
「生物活性物質の多様性志向型合成に資するベンザイン反応の位置制御」

令和元年(2019)度 大阪大学沢井記念薬友会賞(研究部門賞)
「置換基の間に働く弱い引力『分散力』による反応制御」

所属学会
  • 日本薬学会(平成12年~)
  • 有機合成化学協会(平成13年~)
  • ケイ素化学協会(平成20年~)
  • 日本プロセス化学会(平成21年~)
  • 日本化学会(平成22年~)
  • 次世代を担う有機化学シンポジウム世話人(平成24年~平成31年)
  • アメリカ化学会(平成26年)
  • ファルマシアトピックス小委員(平成28年度~平成29年度)
  • 生理活性をあまり意図しない天然物合成勉強会世話人(平成28年~平成30年)
  • 日本薬学会関西支部会委員(平成28年~)
  • 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム実行委員長(平成30年度)
  • 近畿化学協会(令和2年~)
  • 「AIと有機合成化学」研究部会(令和2年~)

TOP

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.