薬草園 温室の植物

教育研究を目的に1971年に付属薬草園が設置された.その構成要素の一つとして,75年には温室が開設されたが,施設の老朽化が著しいため2000年7月から改修工事が 行われ,同年10月13日に高層温室として生まれ変わった.
鉢の陳列スペースに加え,地植えスペース,水生植物スペースを完備している.また,天井の高さが4メートルと高層化したので,地植えスペースでは樹木の栽培も可能となっ ている.
本施設の設置目的としては,亜熱帯薬用植物資源の収集保存であり,アロエ類,ビンロ ウ,レイシ,熱帯性カンアオイ,デリス,クミスクチンなど,現在約250株(鉢を含む)を保存している.
今後は,ケイヒ類,コショウ科植物,ショウガ科植物,チョウジ,ギム ネマ等の収集を計画している.



場  所:岐阜市大字椿洞字東辻ヶ内935 岐阜薬科大学付属薬草園内

建築構造:鉄骨(亜鉛メッキ)造
        アルミ枠総硝子貼り施工
        はね上げ式天窓設置
        電動式遮光カーテン設置(貼り・巻取り)
        クールセル装置装備
         (夏期直射日光による植物の焼付き防止装置)
      温室(硝子部)
        敷地面積  91.0平方メートル(旧施設:56.7平方メートル)
        建物容積  465.0立方メートル(旧施設:128.0立方メートル)
        天井高さ  最大約4メートル
      機械室(ボイラー室)
        既設施設利用  9.54平方メートル
        暖房能力    63,000Kcal/hr

施 設:
      複合環境装置(温室内の温度調節制御用)
        1.温室内温度を感知し,温水の循環を制御
        2.風速・雨量・温度を感知し,はね上げ式天窓の開閉操作
        3.温室内温度を感知し,クールセル装置の運転制御
      撒水装置
        1.タイマーによる自動撒水 (8系統)