ライン

有機合成化学協会 東海支部 特別講演会

ライン
2023年度

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

主催 有機合成化学協会東海支部

 

日時: 令和5年12月4日(月)10:00-12:00

 

会場: 岐阜薬科大学 大学院講義室

(〒 501-1196 岐阜市大学西1-25-4)

 

講演題目:An Overview of the National Deuteration Facility, ANSTO: Recent Updates and New Capabilities

 

講 師: Michael Moir, Ph.D.

Organic Synthetic Chemist, National Deuteration Facility (ANSTO), Sydney, Australia

 

連絡先 岐阜薬科大学  薬品化学研究室 井川貴詞

電話:058-230-8109  E-mail:t-ikawa@gifu-pu.ac.jp

<有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナー>

主催:有機合成化学協会東海支部
共催:有機合成化学協会
協賛:日本プロセス化学会

 

日時: 令和5年8月19日(土)  13:00-17:10

 

会場: 岐阜薬科大学 第一講義室

(〒 501-1196 岐阜市大学西1-25-4)

 

1.開会挨拶有機合成化学協会東海支部長柴田哲男(名工大・教授)

2.支部奨励賞受賞講演①
「シアル酸含有糖鎖の化学合成研究とケミカルバイオロジーへの応用」
河村奈緒子(岐阜大・助教)


3.支部奨励賞受賞講演②
「ペプチド・タンパク質化学合成に資する化学選択的分子技術の開発」
佐藤浩平(静岡大・助教)


4.令和5年度有機合成化学協会東海支部奨励賞受賞式

5.招待講演①
「創薬を指向した化学空間の開拓」
平野圭一(金沢大・教授)


6.招待講演②
「触媒設計で拓く新反応開発:キラル含フッ素化合物合成法」
濱島義隆(静岡県大・教授)


7.閉会挨拶佐治木弘尚(岐阜薬大・教授)

 

連絡先 岐阜薬科大学  薬品化学研究室 佐治木 弘尚

電話:058-230-8109  
E-mail:sajiki@gifu-pu.ac.jp

 

2022年度

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

主催 有機合成化学協会東海支部

 

日時: 令和5年1月16日(月)  14:00-15:30

 

会場: 岐阜薬科大学 大学院講義室

(〒 501-1196 岐阜市大学西1-25-4)

 

講演題目:Molecular Deuteration for Structure Function Applications and Beyond

 

講 師: Tamim Darwish, Ph.D.

Director,
The National Deuteration Facility (NDF), Australian Nuclear Science and Technology Organization (ANSTO), Sydney, Australia

 

連絡先 岐阜薬科大学  薬品化学研究室 佐治木 弘尚

電話:058-230-8109  E-mail:sajiki@gifu-pu.ac.jp

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

 

主催 有機合成化学協会東海支部

 

日時: 令和4年12月12日(月)  14:00-15:30

 

会場: 岐阜薬科大学 大学院講義室

(〒 501-1196 岐阜市大学西1-25-4)

 

講演題目:Designing Novel Metal Nanoparticles for Hydrogenation and Dehydrogenation Reactions

 

講師: Gauravjoti Dutta Kalita, Ph.D.

Assistant Professor,
Department of Chemistry, Dibru College, Dibrugarh, Assam, India

 

連絡先 岐阜薬科大学  薬品化学研究室 佐治木弘尚

電話:058-230-8109

E-mail:sajiki@gifu-pu.ac.jp

 

2019年度

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

主催 有機合成化学協会東海支部

 

日時: 令和元年9月30日(月)  14:00-16:00

 

会場: 岐阜薬科大学 大学院講義室

(〒 501-1196 岐阜市大学西1-25-4)

 

講演題目: Deuteration for neutron science

 

講 師: Peixun Li, Ph.D.

Manager of the ISIS Deuteration Facility
ISIS Pulsed Neutron and Muon Source Rutherford Appleton Laboratory Science and Technology Facilities Council Oxford, UK

 

連絡先 岐阜薬科大学  薬品化学研究室 佐治木 弘尚

電話:058-230-8109 E-mail:sajiki@gifu-pu.ac.jp

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

 

主催 有機合成化学協会東海支部

 

日時: 令和元年9月24日(火)  14:00-16:00

 

会場: 岐阜薬科大学 大学院講義室

(〒 501-1196 岐阜市大学西1-25-4)

 

講演題目:New methods in deuteration chemistry: enzymatic synthesis of challenging small molecules

 

講師: Anna Leung, Ph.D.

Deuteration scientist The European Spallation Source ERIC, Lund, Sweden and Deuteration chemist National Deuteration Facility, Australian Nuclear Science and Technology Organisation, Sydney, Australia

 

連絡先 岐阜薬科大学  薬品化学研究室 澤間 善成

電話:058-230-8100 (ext. 3620)

E-mail:sawama@gifu-pu.ac.jp

 

2018年度

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

 

主催: 有機合成化学協会東海支部

日時: 平成30年7月23日(月) 14:30~16:00
会場: 岐阜薬科大学 大学院講義室

 

「Palladium Catalysis: Chemosensors, Mechanistic Studies, and Bioorthogonal Chemistry」

 

Utpal Bora, Ph.D.
(Associate Professor Department of Chemical Sciences, Tezpur University, Tezpur, Napaam, Assam, India)

 

<連絡先>

岐阜薬科大学 薬品化学研究室 佐治木弘尚

Tel: 058-230-8109

E-mail: sajiki@gifu-pu.ac.jp

 

 

2016年度

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

 

主催:有機合成化学協会東海支部

日時:平成28年7月26日(火)15:00-16:30

場所:岐阜薬科大学大学院講義室(2F)

 

Palladium Catalysis: Chemosensors, Mechanistic Studies,
and Bioorthogonal Chemistry

 

  Kazunori Koide(小出和則), Ph.D.
  Associate Professor
  Department Chemistry, University of Pittsburgh,

  Pittsburgh, PA, USA


連絡先
岐阜薬科大学 薬品化学研究室  佐治木 弘尚
電話:058-230-8109
E-mail:sajiki@gifu-pu.ac.jp

 

2015年度

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

 

主催 有機合成化学協会東海支部

 

日時:平成27年11月6日(金) 14:00~16:00

会場:岐阜薬科大学 第一講義室

 

Scientific Heritage of Merck Research Laboratories

 

Senior Principal Scientist Nobuyoshi Yasuda, Ph.D.    
Senior Principal Scientist Process Chemistry Dept., Merck Research Laboratories, Merck and Co. Inc., Rahway, NJ, USA

 

<連絡先>
岐阜薬科大学 薬品化学研究室 門口泰也
Tel: 058-230-8109

E-mail: monguchi@gifu-pu.ac.jp

<有機合成化学協会東海支部 訪日学者講演会>

 

主催 有機合成化学協会東海支部

 

日時:平成27年7月10日(金) 16:00~17:30

会場:岐阜薬科大学 大学院講義室

 

Transition-metal-catalyzed Bond Formation: Methods and Applications

 

Professor Fu-she Han, Ph.D.    
Changchun Institute of Applied Chemistry, Chinese Academy of Sciences, China

 

 

 

2014年度

<有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナー>

 

主催 有機合成化学協会東海支部

協賛 有機合成化学協会

 

日時:8月5日(火)13:15~17:10

 

<プログラム>

13:15~13:20

1.開会挨拶
(岐阜薬科大学)佐治木弘尚

 

13:20~14:00

2.支部奨励賞受賞講演
(名古屋大学大学院工学研究科)中辻秀文

「エナンチオ選択的ハロ環化反応に有効な求核性キラルリン求核
  触媒の開発」

 

14:00~14:40

3.支部奨励賞受賞講演

 (岐阜大学工学部)喜多村徳昭

「次世代医薬創出のためのPET 標識化法の開発」

 

14:40~15:00

4.支部奨励賞授与式

 

15:00~16:00

5.招待講演

 (静岡大学工学部)間瀬暢之

「静岡発(初)の環境調和型合成プロセスの開発を夢見て ~有機  分子触媒からマイクロバブル・ナノバブルまで~」

 

16:05~17:05

6.招待講演

 (慶應義塾大学理工学部)千田憲孝

「キラルプール法による生物活性天然物の合成研究」

 

17:05~17:10

7.閉会挨拶

 (岐阜大学工学部)村井利昭

 

2013年

平成25年12月25日(水)15:00~16:30

岐阜薬科大学本部学舎 大学院講義室(2F)

 

<訪日学者講演会>
         

  "On Water" and "In Water" Chemistry: Implications in Cross Coupling Reactions

 

Prof. Dr. Utpal Bora
Department of Chemical Sciences, Tezpur University, India

平成25年12月11日(水)13:00~17:15

岐阜薬科大学 第一講義室

 

<有機合成化学協会東海支部総合講演会>

「マラリア感染症治療薬開発における ケミカルバイオロジーの役割」

 岐阜大学 工学部 生命工学科

 教授 北出 幸夫 先生

 

「共役イミン誘導体を活用する新規合成反応」

 三重大学 工学研究科 

 教授 清水 真 先生

 

「すべては全合成から始まる」

 早稲田大学 

 栄誉フェロー・名誉教授 竜田 邦明 先生

 

「Cooperative Asymmetric Catalysis-最近の展開-」

 微生物化学研究会・微生物化学研究所 

 研究所長・常務理事 柴崎 正勝 先生

平成25年4月3日(水)15:00~16:30

岐阜薬科大学本部学舎大学院講義室(2F)

<訪日学者講演会>

Total Synthesis as a Vehicle for Penetrating Biomechanistic Puzzles:
Challenges in Natural Products Chemistry

 

講師:Professor Robert M. Williams, Ph.D.

    University Distinguished Professor

    Department of Chemistry, Colorado State University

 

2012年度

平成24年11月7日(水)15:00~17:00

岐阜薬科大学本部学舎大学院講義室(2F)

<訪日学者講演会>

The Power of Gold

 Prof. Dr. Norbert Krause
 Organic Chemistry II, Dortmund Technical University,Germany

 

日時:平成25年4月3日(水)15:00~16:30

 

会場:岐阜薬科大学(新学舎)2階 大学院講義室

    〒501-1196

    岐阜市大学西1-25-4

 

2011年度

平成23年8月9日(火)14:00~16:00

岐阜薬科大学 大学院講義室(新学舎2階 2E-15教室)

 

<訪日学者講演会>

Design of Sustainable Catalytic Reactions for Synthesis and Energy

 Professor David Milstein, Ph.D.

 The Weismann Institute of Science, Israel

平成23年6月1日(水)13:30~16:50 

岐阜薬科大学 第一講義室(新学舎1階)

 

<平成23年度有機合成セミナー>

高機能有機触媒の創製と環境調和型有機合成への応用

 丸岡啓二 先生
 京都大学大学院理学研究科 教授 

 

ヨウ素反応剤のパワー:レアメタルを用いない革新的カップリング反応

 北泰行 先生
 立命館大学薬学部 教授 

 

2010年度

平成22年10月25日(月)14:00~15:30 

岐阜薬科大学 大学院講義室(新学舎2階 2E-15教室)

 

<訪日学者講演会>

Synthetic Applications of o-Iodoxybezoic Acid (IBX) in Organic Synthesis : Selective Oxidation Reaction, Amine Oxidation, and Oxidative Hydrolysis of Acetals

Professor Chutima Kuhakarn, Ph.D.

 

Department of Chemistry and Center for Innovation in Chemistry (PERCH-CIC), Faculty of Science, Mahidol University, Thailand

平成22年6月11日(金)14:00~16:00 

岐阜薬科大学 大学院講義室(新学舎2階 2E-15教室)

 

<訪日学者講演会>

New aspects of alpha-boryl carbanion chemistry
(ボリルカルボアニオン化学における新たなる展開)

Professor Takashi Tomioka, Ph.D.(冨岡 敬 先生)

 

Department of Chemistry and Biochemistry The University of Mississippi

 

2008年度

平成20年 7/12(土) 13:00-16:00 岐阜薬科大学・大講義室

 

<平成20年度 有機合成セミナー>

  • 光と酸素を活用する合成反応の開発とその展開

  伊藤彰近 先生
  岐阜薬科大学 大学院薬学研究科 教授 

  • "化学”の力を駆使して、生きている試料の中で今起きていることを
      詳らかにする

  浦野泰照 先生
  東京大学大学院薬学系研究科 准教授

  • ヘテロ環構築を鍵とする生理活性天然物の合成

  管敏幸 先生
  静岡県立大学薬学部 教授 

  • インテリジェント触媒の開発を目指して:動的分子認識に立脚した触媒設計

  川端猛夫 先生
  京都大学大学院薬学研究科 教授 

 

2007年度

平成20年 3/24(月) 15:00-17:00 岐阜薬科大学・大学院講義室

 

<訪日学者講演会>

Organic Redox Reactions for Chemoselective Ligation and  Enantioselective Annulations.

Professor Jeffrey W.  Bode           
Department of Chemistry University of Pennsylvania(U.S.A)

平成19年 8/7(火) 14:00-16:00 岐阜薬科大学・大学院講義室

 

<訪日学者講演会>

New Transition Metal-Catalyzed Cycloadditions and Cyclizations.

Dr. Jesus A. Varela Carrete          
Assistant Professor Department of Chemistry University of Santiago de Compostela(Spain)

 

TOP

Copyright (C) Organic Chemistry Laboratory (directed by Prof. Sajiki Hironao). All Rights Reserved.