不均衡分析を用いた個別症例安全性報告データベース解析研究の報告に関する国際ガイドラインの作成について、本学HPのResearch Spotlightsにて紹介されました。

不均衡分析を用いた個別症例安全性報告データベース解析研究の報告に関する国際ガイドラインの作成について、本学HPのResearch Spotlightsにて紹介されました。

※日本からは唯一、本学教員の野口 義紘 准教授が委員会メンバーとして参加しました。
*READUS-PV: The REporting of A Disproportionality analysis for drUg Safety signal detection using individual case safety reports in PharmacoVigilance

HP用 研究成果(国際ガイドライン)20240509.jpg

※画像クリックで拡大表示

本研究は、実践薬学大講座 病院薬学研究室を含む計18ヶ国34施設における共同研究により実施され、研究成果は、International Society of Pharmacovigilance [ISoP] (国際ファーマコビジランス学会)のオフィシャルジャーナルである英文学術誌「Drug Safety」に掲載されました。

論文情報

  • 雑誌名:Drug safety (掲載時Impact Factor: 4.2)
  • 論文名1:The REporting of A Disproportionality Analysis for DrUg Safety Signal Detection Using Individual Case Safety Reports in PharmacoVigilance (READUS-PV): Explanation and Elaboration.
  • 著者:READUS-PV委員会メンバー
  • 論文URL:https://link.springer.com/article/10.1007/s40264-024-01423-7
  • DOI番号:10.1007/s40264-024-01423-7
  • オンライン掲載日:2024年5月7日

  • 雑誌名:Drug safety (掲載時Impact Factor: 4.2)
  • 論文名2:The REporting of A Disproportionality Analysis for DrUg Safety Signal Detection Using Individual Case Safety Reports in PharmacoVigilance (READUS-PV): Development and Statement.
  • 著者:READUS-PV委員会メンバー
  • 論文URL:https://link.springer.com/article/10.1007/s40264-024-01421-9
  • DOI番号:10.1007/s40264-024-01421-9
  • オンライン掲載日:2024年5月7日