自発報告データベースを用いた解析で要因分析を行う際の問題点についてのコメントレターがアクセプトされました。

自発報告データベースを用いた解析で要因分析を行う際の問題点についてのコメントレターがPharmacoepidemiology and Drug Safety(2022 IF: 2.6)にアクセプトされました。

論文題名:Is it possible to identify risk factors for adverse drug reactions using a pharmacovigilance database based on spontaneous reporting?
著者名:
Yoshihiro Noguchi, Tomoaki Yoshimura