研究内容

研究概要

薬局薬学研究室では、保険調剤の業務を通して見出される様々な臨床的課題や、薬局一般に認められる課題に着目し、その解決を目的とした研究を行っています。研究テーマは、薬剤師業務に直接関わるものから、薬局での医薬品の適正使用に資する研究、薬局薬剤師や薬学生の教育に関する研究、現在薬局が抱える社会的な課題を調査し検討する研究など、多岐にわたる内容を幅広く扱っています。


主な研究テーマ

  • 薬局薬剤師の業務に関連した課題の解決に関する研究

保険薬局の実務に携わる中で生じる様々な課題や問題点等について、その解決策を探るための調査研究を行っています。

  • 医薬品の適正使用促進に関する研究

より安全かつ適正な薬物治療の継続を支援することを目的として業務改善を行い、その効果を証明する研究を行っています。

  • 薬局での医薬品適正使用推進に資する医薬品情報の創生・育薬研究

薬局等で認められる医薬品の副作用や薬理効果について個別的検討や解析を行い、その特性や対処法を明らかにする研究を行っています。薬局での処方鑑査や服薬指導等で活用できる知見や医薬品情報の創生が期待でき、薬局での適正使用推進の一助になります。

  • 薬局での患者指導技術向上を目指した実地的研究

薬局での患者指導技術向上による患者の服薬アドヒアランスの改善とよりよい治療をめざし、薬剤服用歴の解析などによる指導の問題点の抽出、適切な患者指導用ツール作成・活用と評価を研究として行っています。

  • 薬局薬剤師の地域分布に関する研究

薬局薬剤師が地域包括ケアシステムの中で役割を果たすことができる環境に関して、統計データを用いた検証を試みています。