研究内容

 研究概要

 超高齢化社会の到来、医療の高度化かつ複雑化に伴い、薬局に求められる機能が大きく変化してきています。専門医療機関と連携し、複雑で高度化した薬物治療に対応できる薬局はその一つの姿で、地域の医療を支える上で重要性が増してきています。本寄附講座では、専門性の高い先端的な薬物療法にかかる薬学的管理を担うことのできる薬局薬剤師を育成する拠点を形成することを目指しています。地域薬局の薬局薬剤師を対象とした高度薬学管理の実践に役立つ講習会を提供するとともに、薬局を基盤とした臨床薬学研究を展開していきます。


 主な研究テーマ

  1.薬局を基盤とした専門性の高い薬物治療実践に関する研究

専門医療機関との連携の基で抗がん剤の副作用に対する支援を行うなど、高度かつ専門的な薬学的管理を行う薬局での業務を念頭において、薬局薬剤師の実務の中で生じる課題の解決を目的とした研究を行います。

  2.薬局のDX化の実現とその評価に関する研究

DXとはDigital Transformation の略語で、デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革していくことです。薬局や薬局薬剤師の業務におけるデジタル技術活用を推進し、その導入効果を評価します。

  3.薬局薬剤師に対する研修プログラムの提供とその評価に関する研究

薬の専門職である薬剤師は、自らの資質向上のため、常に自己研鑽に努めることが重要です。薬局薬剤師に対する生涯学習講座を提供し、高齢化に伴い多様化する医療・介護のニーズに応えることのできる薬局薬剤師の育成に向けたプログラムを構築していきます。