研究室サイト

革新的な新薬の創製により、健康長寿社会を築く。
  • 教授 檜井栄一
  • 助教 家﨑高志

研究テーマResearch Interests

薬理学講座は昭和39年9月15日に岐阜大学医学部より故江田昭英教授が着任して開講し、平成5年に永井博弌教授にひき継がれ、後任の稲垣直樹教授の退官により本年度より新体制になった。平成19年の組織改革により、機能分子学大講座薬理学研究室となり、また、岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科にも参加した。開講以来、一貫してアレルギー疾患の克服を目標に臨床に即した研究を進め、研究手法を確立しながら免疫薬理学という新しい分野を開拓してきた。これまでの基礎研究からトラニラスト、スプラタストという2種の抗アレルギー薬が生まれている。 アトピー性皮膚炎は増悪と緩解とを繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患で、患部を繰り返し掻くことが皮膚炎を悪化させる。かゆみは患者QOLを著しく損なうが、掻破を防止すると皮膚症状が著しく改善する。そこで、マウスにアレルギー性皮膚炎を誘発し、出現する掻破行動を指標にしてかゆみの発現機序を解析し、かゆみ抑制薬の開発を目指している。気管支喘息は代表的なアレルギー疾患であり、気道の慢性的な炎症を背景に気道狭窄による呼吸困難を繰り返す。ステロイドとアドレナリンβ受容体刺激薬の吸入適用によって症状をコントロールすることが容易になってきたが、まだ、解決しなければならない課題が残されている。そこで、卵白アルブミンやダニ抗原を用いてマウスやモルモットに喘息様症状を誘発し、発症機序の解明を行っている。また、乳幼児のアトピー性皮膚炎には食物アレルギーが合併することが多く、食物によって皮膚症状が出現し、アナフィラキシーショックがひき起されることもある。食物アレルギーの病態モデルの報告は少ないことから、食物抗原や加水分解コムギ末などを用いてマウスモデルを確立し、病態の解析、治療戦略の構築に挑戦している。

研究課題Research Objectives

  1. アトピー性皮膚炎に伴う掻痒の解析と掻痒治療薬の開発
    Characterization of itching associated with atopic dermatitis and search for anti-itch compounds
  2. 気管支喘息の発症および難治化病態の解明と治療標的の探索
    Studies on the development and pathology of intractable asthma, and search for the treatment targets
  3. 食物アレルギーの病態モデルの確立、病態解析および治療標的の探索
    Development and characterization of food allergy models and search for the treatment targets
  4. アレルギーの原因となる新規ダニ抗原の探索と評価
    Evaluation of novel mite-antigen causing allergies

最近の研究成果Research Results

  1. Tokumura K., Iwahashi S., Park G., Ochiai S., Okayama Y., Fusawa H., Fukasawa K., Iezaki T., Hinoi E., mTOR regulates skeletogenesis through canonical and noncanonical pathways. Biochem Biophys Res Commun., 533, 30-35 (2020).
  2. Ozaki K., Yamada T., Horie T., Ishizaki A., Hiraiwa M., Iezaki T., Park G., Fukasawa K., Kamada H., Tokumura K., Motono M., Kaneda K., Ogawa K., Ochi H., Sato S., Kobayashi Y., Shi Y.B., Taylor P.M., Hinoi E., The L-type amino acid transporter LAT1 inhibits osteoclastogenesis and maintains bone homeostasis through the mTORC1 pathway. Signal., 12, eaaw3921 (2019).
  3. Horie T., Park G., Inaba Y., Hashiuchi E., Iezaki T., Tokumura K., Fukasawa K., Yamada T., Hiraiwa M., Kitaguchi Y., Kamada H., Kaneda K., Tanaka T., Inoue H., Hinoi E., MAPK Erk5 in Leptin Receptor‒Expressing Neurons Controls Body Weight and Systemic Energy Homeostasis in Female Mice. Endocrinology, 160, 2837-2848 (2019).
  4. Hiraiwa M., Ozaki K., Yamada T., Iezaki T., Park G., Fukasawa K., Horie T., Kamada H., Tokumura K., Motono M., Kaneda K., Hinoi E., mTORC1 Activation in Osteoclasts Prevents Bone Loss in a Mouse Model of Osteoporosis. Pharmacol., 10, 684 (2019).
  5. Iezaki T., Horie T., Fukasawa K., Kitabatake M., Nakamura Y., Park G., Onishi Y., Ozaki K., Kanayama T., Hiraiwa M., Kitaguchi Y., Kaneda K., Manabe T., Ishigaki Y., Ohno M., Hinoi E., Translational Control of Sox9 RNA by mTORC1 Contributes to Skeletogenesis. Stem Cell Reports, 11, 228-241 (2018).

各研究室のホームページは各研究室の責任で運営されています。