• 教授 S.M.ミルボド

研究テーマResearch Interests

  1. 多くの日本の大学では、英語のリスニングを授業に取り入れている。研究の目標は、一般英語あるいは科学英語についてリスニングに関与するメカニズムを探求することである。英語のリスニングとは何か、また、リスニングをテストする際の問題点、特に、科学用語と関連があると思われる問題点を検証していく。リスニングに関して先行研究を検討し、理論的な枠組みを構築する。リスニングの授業での評価基準を作成する。さらに、効果的な授業及びテスト方法を検討する。大学でのリスニング授業法の実用的な提案をしていく。
  2. レイノー現象とは、発作的に手足の血流が悪くなって、皮膚の色が蒼白または紫色になり、痛み、冷感、しびれ感を自覚します。次いで血液の流れが回復すると、逆に充血し赤くなる現象をいいます。身体全体や手足が冷たい空気や水などにさらされたり、強い精神的緊張やストレスなどが引き金となり、 手足の細い動脈の強い収縮が起こることによって生じます。研究の目的:血流を非侵襲的な方法で測定することによって、毛細血管の状態を評価する。

研究課題Research Objectives

  1. 専門用語のリスニングに関与するメカニズムの研究
    To explore the mechanisms involved in scientific English listening ability
  2. 科学用語と関連があると思われるリスニングの問題点に関する研究
    To examine the complex issues relevant to scientific English listening
  3. 質問紙法による岐阜薬科大学における薬学英語の新規学習方法の評価に関する研究
    Questionnaire-based survey on the evaluation of a new concept in Pharmaceutical English Education at Gifu Pharmaceutical University
  4. 小グループの練習によりスピーキングとリスニングの能力を向上に関する研究
    Introducing the “small group practice” plan to increase students’ speaking and listening abilities

最近の研究成果Research Results

  1. Mirbod SM, Sugiura H. Does a communicative and friendly group improve English learning progression in college students? Jpn J Health Recreation, Vol. 16, pp 31-42 (2020).
  2. Mirbod SM, Sugiura H. Cold Weather Recreational Activities and Raynaud’s Phenomenon. Jpn J Health Recreation, Vol. 16, pp 13-21, (2020).
  3. Mirbod SM, Sugiura H. Evaluation of recreational noise exposure level in college students during an indoor live concert (A pilot study). Jpn J Health Recreation, 15: pp 39-43 (2019).
  4. Inaba R, Mirbod SM. Status of implementation of job crafting among female hospital nurses. Jpn J Occupational Medicine and Traumatology, 67 (2): pp 81-86 (2019).
  5. Mirbod SM, Sugiura H. A non-invasive technique for the evaluation of peripheral circulatory functions in female subjects with Raynaud’s phenomenon. Industrial Health, 55 (3), pp 275-284 (2017).

各研究室のホームページは各研究室の責任で運営されています。