研究室サイト

より良い医薬品情報を通じて社会に貢献する
  • 教授 中村光浩

研究テーマResearch Interests

本研究室の使命は、基礎研究および臨床研究を通じて、医薬品適正使用に必要とされる新しい“知識”を創出することにある。我々は、個々の“データ”を収集・解析・評価することで“情報”に加工し、その中から医療に役立つ普遍的な“知識”を見つけだし、その“知識”を社会に発信する。我々は、基礎および臨床を俯瞰したデータマネージメントを遂行できる人材を継続して社会に輩出する。この目的を達成するために、下記のDry研究およびWet研究を行っている。

  1. レギュラトリーサイエンスおよびトランスレーショナルリサーチに関する研究:大規模臨床副作用データベースを用いた医薬品の副作用情報の収集、解析、加工、および得られたエビデンスの臨床での活用
  2. LC-MSを利用した生体マトリックス中薬物濃度の高感度分析法およびその臨床応用
  3. リピドミクス手法を用いたスフィンゴリン脂質代謝物の新規疾患バイオマーカーの探索

研究課題Research Objectives

  1. 医薬品適正使用支援システムの開発と高度医療専門職人材育成への応用
    Project for the developing highly skilled professionals based on the field of regulatory science
  2. 有害事象自発報告ビッグデータを用いた医薬品適正使用に係る解析
    Evaluation of adverse event profile using a spontaneous reporting system
  3. リピドミクスによる新規白血病バイオマーカーの探索と臨床応用
    Lipidomics analysis for leukemia using LC-MS
  4. リピドミクスによる新規アトピー性皮膚炎バイオマーカーの探索と検証
    Lipidomics analysis for atopic dermatitis using LC-MS
  5. マイクロドーズ手法のTDMへの応用
    Development of micro-dosing technique for therapeutic drug monitoring

最近の研究成果Research Results

  1. Hasegawa S., Ikesue H., Nakao S., Shimada K., Mukai R., Tanaka M., Matsumoto K., Inoue M., Satake R., Yoshida Y., Goto F., Hashida T., Nakamura M., Analysis of immune-related adverse events caused by immune checkpoint inhibitors using the Japanese Adverse Drug Event Report database, Pharmacoepidemiol Drug Saf, 01 September 2020 early view (2020).
  2. Ueda N., Yamamoto M., Nakamura M., Motooka Y., Nakayama Y., Nonoyama Y., Oba S., Horikawa Y., Nagata C., Yabe D., Alcohol-induced impaired insulin secretion in a Japanese population: Five-year follow-up in the Gifu Diabetes Study. J Diabetes Investig, 11, 1207-1214 (2020).
  3. Nakao S., Hasegawa S., Shimada K., Mukai R., Tanaka M., Matsumoto K., Uranishi H., Masuta M., Ikesue H., Hashida T., Iguchi K., Nakamura M., Evaluation of anti-infective-related Clostridium difficile-associated colitis using the Japanese Adverse Drug Event Report database, Int J Med Sci, 17, 921-930 (2020).
  4. Matsumoto K., Nakao S., Hasegawa S., Matsui T., Shimada K., Mukai R., Tanaka M., Uranishi H., Nakamura M., Analysis of drug-induced interstitial lung disease using the Japanese Adverse Drug Event Report database. SAGE Open Med, 8, 1-13 (2020).
  5. Mukai R., Shimada K., Suzuki T., Nakao S., Tanaka M., Matsumoto K., Yoshida Y., Goto F., Inoue M., Satake R., Nishibata Y., Sugihara H., Nakamura M., Trends associated with hemorrhoids in Japan: Data mining of medical information datasets and the National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan (NDB) Open Data Japan, Biol Pham Bull, 43, in press (2020).

各研究室のホームページは各研究室の責任で運営されています。