多職種連携により、在宅医療の推進と患者QOLの更なる向上を目指す。
  • 特任教授 甲斐絢子
  • 特任講師 小林篤史
  • 教授(兼務) 井口和弘
  • 准教授(兼務) 林秀樹

研究テーマResearch Interests

現在、社会的入院から在宅療養への移行が促進されているが、在宅医療の分野で活躍している薬剤師は少なく、在宅医療での薬剤師の役割が明確になっていない。本寄附講座の目的は、在宅医療で活躍できる薬剤師を養成することと、在宅チーム医療での薬剤師職能のエビデンスを明確にすることにあり、京都地区の取り組みと連携して実施する。療の分野で活躍している薬剤師、行政、岐阜県薬剤師会、岐阜県医師会、岐阜県歯科医師会、訪問看護師等の在宅医療関連職種の協力を得て、薬学生、薬局薬剤師、病院薬剤師を対象にOn-the-Job Trainingによる実習プログラムと、大学での生涯教育プログラムを開発し実践する。在宅チーム医療の分野での薬剤師職能のエビデンス構築に関しては、在宅医療に薬剤師が関わることによる患者QOLの改善、ポリファーマシーの改善、薬物療法に伴う薬効・副作用の評価、医療経済に及ぼす影響等について、臨床データの解析を行う。これらの教育、研究を基に、在宅チーム医療での薬剤師の職能確立を目指す。

研究課題Research Objectives

  1. 在宅医療で活躍できる薬剤師養成プログラムの構築に関する研究
    To construct a pharmacist training program that can be implemented in home team health care
  2. 薬剤師が関与する在宅医療の費用対効果に関する研究
    To study the cost-effectiveness of pharmacists’ participation in home team health care
  3. ポリファーマシー解消が副作用防止に及ぼす影響に関する研究
    To study the effect of elimination of polypharmacy on the prevention of side effects
  4. 薬剤師によるフィジカルアセスメントが薬物療法の適正化に及ぼす影響に関する研究
    To study the effect of physical assessment by a pharmacist on proper drug use

最近の研究成果Research Results

  1. Nakashima M., Mamitsuka K., Kai J., Sugiyama T., Hayashi H., Longitudinal Survey of Polypharmacy in a Palliative Care Unit. Jpn. J. Pharm. Health Care Sci., 46: 551-560 (2020)
  2. Nakamura K., Nagata S., Kai J., Obara M., Hayashi H., Sugiyama T., Prodromal Symptoms of Cholinergic Crisis Following Appropriate Administration of Rivastigmine Patch, Res., 41: 355-357 (2020)
  3. Kobayashi A., Yamada M., Maegawa M., Hayashi H., Kai J., Sugiyama T., Questionnaire survey on the current status of pharmacist practice and patient needs related to home medical care. Pharmacol. Ther.. 47: 1807-1916 (2019)

各寄附講座のホームページは各寄附講座の責任で運営されています。