詳細サイト

グリーンファーマシーを基盤とする教育を推進・支援する。
  • 教授 松永俊之
  • 助手 久松亜紀

研究テーマResearch Interests

岐阜薬科大学は教育の基本理念として「グリーンファーマシー、人と環境にやさしい薬学」を掲げ、グリーンファーマシー教育を推進することを目標に、2006年、グリーンファーマシー教育推進センターを設置した。薬剤師も含め、医療に携わる者には高度なコミュニケーション能力とともに豊かな人間性および高い倫理観が求められる。岐阜薬科大学では多くの講義の中でヒューマニズム教育に関連する話題が扱われ、医療人に求められる豊かな人間性を涵養し、医療、研究、環境などに関する高い倫理観、高度なコミュニケーション能力を身につける機会が提供される。グリーンファーマシー教育推進センターはヒューマニズム教育を推進すべく、PBL・SGD の支援、TA 事業の支援、早期体験学習の支援、種々のアンケートの集計など、多面的な教育支援を行っている。2017年には専任教員を配置し、さらに今後はセンターの役割の再検討を進め、各種委員会との連携を強化して教育システムの向上を図り、グリーンファーマシー教育を強力に推進する。

各研究室のホームページは各研究室の責任で運営されています。