有機元素分析装置 マイクロコーダー JM11

機器の紹介

JM11は、Pregl-Dumas法を基本原理とした、有機微量元素分析装置で、パソコン制御により炭素・水素・窒素3元素を同時に定量できます。
従来に比べて熟練した分析手法は必要なくなり、試料を直接ボートに量り取り、燃焼部へ導入するだけの操作で優れた分析精度が得られます。更に、FDA-CFR21, PART11に準拠したソフトウェアを用意しています。
また、アルゴンガスが使用できるようになりました。

特徴


・FDA-CFR21, PART11 準拠
・大気開放型試料導入口
・残留物の有無を確認可能
・開閉型炉搭載
・気圧補正装置内蔵のデ-タ処理システム
・元素ごとに独立した検出器
・画面でシグナルモニター表示
・ピストンポンプシステム採用
・分析時間や分析条件を任意に可変
・電子はかりとの相互通信可能
・高速のウォーミングアップ
・終夜・無人運転可能
・酸素・硫黄分析も単独分析で可能

管理情報詳細

  • 設置場所:1F元素分析室(1E-11)
  • 管理者
  • メーカーHP

利用者向けマニュアル(学内専用)

ユーザーマニュアル(PDF)



動画マニュアル