教育

化学実験

薬学は自然科学の一つとして実験科学である性質上、教育の中では実験に費やす時間が多くあります。そして、本学でも、学部教育のカリキュラムに実験を主体とした実習科目が多く取り入れられています。特に、基礎となる化学関連の実験には、危険な薬品や器具を取り扱う機会が多くあります。化学実験中の事故発生の要因には次のようなものがあります。

  1. 責任者や当事者の危険防止に対する心構えの不足。
  2. 実験室の設備・機械器具・反応装置の不備と、これらの取扱いの未熟。(特に共同で使用する機械器具・薬品類は、公共的立場に立って各自が協力的に整備、整頓することが大切です。)
  3. 引火性液体や危険薬品の不用意な保管・取扱い及び運搬。
  4. 基礎的な実験操作法の軽視と反応中の監視や制御の不十分。

学生の皆さんが安全に実験を行えるよう、また、薬学出身者の心得として社会で活躍するために必要な安全対策の知識を身に付けるために、化学実験を安全に行うための指針(化学実験の安全対策:昭和35年4月18日制定)を設けて、事故発生を未然に防ぎ、万が一事故が発生した場合に適切な対処ができるように心がけています。

図書館

学生掲示板

HOMEに戻る

トップへ戻る