新着情報

本学 齋藤祐一君と内田泰弘君が第89回日本薬理学会年会で学生優秀発表賞を受賞しました

2016年03月15日

2016年3月9-11日に第89回日本薬理学会年会がパシフィコ横浜にて開催され、本学薬学科6年の齋藤祐一君(薬効解析学研究室)と5年の内田泰弘君(薬物治療学研究室)が第89回日本薬理学会年会 学生優秀発表賞を受賞しました。本賞は第89回日本薬理学会年会 若手キャリア形成支援プログラム・学生セッションにおいて、特に優秀な発表を行った学生に対し贈られています。
今回、齋藤祐一君は「ヒト皮膚線維芽細胞におけるブラジル産グリーンプロポリス水抽出物のNrf2早期活性化作用」について、内田泰弘君は本学 薬化学研究室と共同研究中の「VPS35ノックダウン細胞における二価鉄イオンの局在検出」について発表しました。その結果、その研究発表態度が熱意に溢れ、発表内容がわかりやすく、かつ学術上注目すべき内容を有しており、将来の発展が期待されるとして評価されました。

写真薬学科6年齋藤祐一君(薬効解析学研究室)(左)と5年内田泰弘君(薬物治療学研究室)(右)

図書館

学生掲示板

HOMEに戻る

トップへ戻る