研究

研究体制

岐阜薬科大学では、個人の研究者の自由な研究および、大講座制・研究室体制に基づくグループ単位での研究を基本とした研究体制採用しています。

また、学内の組織横断型共同研究・期間限定のプロジェクト研究を推奨し、多様な支援体制をしいています。

 

大講座・研究室

  • 9つの大講座および寄附講座と、それに属する30の研究室があり、それぞれの専門領域における研究を展開しています。

プロジェクト研究

  • 岐阜薬科大学では、多分野に渡る共同研究やプロジェクト研究を推奨し、研究者個人・研究室・講座の単位でそれぞれ広くプロジェクト研究に携わっています。
  • 特に学内の複数の組織に渡るプロジェクト研究を推進しています。
  • 隣接する岐阜大学や岐阜県内の研究機関、企業とのプロジェクト研究、医歯薬学分野での大学間のプロジェクト研究など。

連合・連携組織との共同研究

  • 岐阜大学
    近接する岐阜大学との間で連合大学院を設立し、研究の上でも様々に協力して研究を進めています。
  • 岐阜県保険環境研究所
    連携大学院を運営しており、特に岐阜県内の保険環境に関する研究を共同で推進するなど様々に協力しています。

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る