研究

特別研究費

1.目的

特別研究費は、本学の教員の教育・研究活動を奨励すること、また教員の高度な成果が期待される教育・研究を特段に推進するための助成金である。

2.特別研究費の種類

本年度は(1)奨励研究助成金、の1種類とする。

(1)奨励研究助成金

  1. 対象:教員(准教授・講師・助教)が一人で行う研究であって、過去の研究業績に関わらず将来の発展が期待できる優れた着想をもつ研究を対象とする。
  2. 申請額:1件100万円以内
  3. 研究期間:1年

3.研究計画の基準

研究計画は次の各項を基準として作成すること。

  1. 特色ある研究であること。
  2. 研究目的は焦点の絞られた具体的なものであること。
  3. 独創的な研究内容をもっていること。
  4. 研究計画が十分に練られ、その目的を達成するために適切であること。
  5. 研究成果が教育・社会への高い貢献を期待させるものであること。
  6. 研究を遂行し、所期の成果を上げることが期待できること。

4.助成の対象となる経費

助成の対象となる経費はそれぞれの課題研究に直接必要な消耗品費のみに使用するものとする。

5.申請手続き

特別研究費を申請しようとする者は、所定の研究助成金交付申請書により、原則として応募期日までに事務局庶務会計課へ提出するものとする。

6.選考及び決定

  1. 申請された研究課題について、学長は特別研究費審査委員会に選考を依頼し、結果の答申を受けて、助成金を受ける者及び助成金の額を決定する。原則として毎年7月末までに助成金を交付する。
  2. 特別研究費審査委員会は学長が選任した学内委員と若干名の学外委員によって構成される。

7.計画の変更

特別研究費交付の決定後、研究計画に重要な変更(中止を含む)をしようとするときは、学長に願い出て、その承認を得なければならない。

8.研究報告

  1. 特別研究費を受けた者は、年度終了後1ヶ月以内に、その研究経過に関する報告書と助成金支出報告書を、学長に提出しなければならない。
  2. 特別研究費による研究成果は、研究期間終了後2年以内に権威ある機関に論文発表するものとし、発表したときはその別刷を提出しなければならない。

9.研究費支出方法

特別研究費を受けた者の研究費の経理は、事務局庶務会計課が行う。

応募書式はダウンロードできます。

1. 奨励研究助成金(pdf版word版

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る