研究

研究理念

岐阜薬科大学は、大学運営上の基本理念として、「ヒトと環境にやさしい薬学(グリーンファーマシー)を掲げています。

”グリーン”には、安心、安全、ヒトと環境にやさしいなどの意味が込められています。

研究理念

薬と健康についての教官個々の自由闊達な研究と大学プロジェクト研究

研究目標

研究理念の元、中長期の研究ビジョンを掲げて、その実現を目標としています。

新薬開発への挑戦 (VISION of GPU 2025)

研究目標の達成を目指すための具体策

新薬開発に積極的に挑戦するため、「大学として」(a)、また「研究室・教職員として」(b)として以 下の取組を行う。

  1. 研究の活性化を促進する仕組みを強化する。具体的には、学内及び他大学との研究助成金制度を活用すること並びに大学内及び他大学との共同研究のための連携を強化することにより、研究の活性化を図る。(a,b)
  2. 産官学の連携強化を推進する。(a,b)
  3. 倫理審査、利益相反、知的財産について、法令を遵守し、正しい管理運営を行う。また、研修などを通して、これら規範を適切に実施できる教職員を育成する。(a,b)
  4. 動物飼育環境の整備を行う。(a)
  5. 競争的外部資金のさらなる獲得を目指す。(b)
  6. 病態解明に繋がる研究を推進する。(b)
  7. 新薬開発をサポートする分野並びに薬学の基礎を支える分野(ケミカルバイオロジー、プロセス化学、グリーンケミストリー、ドラッグデリバリーシステム、分析化学など)の研究を推進する。(b)
  8. 新薬開発に必要なレギュラトリーサイエンス研究を推進する。(b)

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る