研究

研究実績・知的財産

1.岐阜薬科大学の使命及び知的財産

岐阜薬科大学(以下「本学」という)は、薬と健康についての高度な研究を推進するとともに、研究に支えられた教育により有為な専門職業人を育成し、それらを通して社会に貢献してきている。しかし近年、大学の研究成果をもとに知的財産を創出し、活用することが社会及び産業界から強く求められるようになり、新しい形の社会貢献として位置付けられるようになってきた。

2.本学教員等の社会的役割

本学の教員等は、学内外の研究者との共同研究を活発に推進しつつ、学際的研究分野を含む「薬と生命の総合科学」に取り組んでおり、本学の研究水準の向上及び研究に裏付けられた高度な教育水準の維持に貢献している。さらに学術論文の発表だけを研究成果とするのではなく、そこから生み出される知的財産を権利化し、活用することによって社会に貢献する幅広い取組が求められている。

3.対象

本ポリシーは、本学の教員(寄附講座の教員を含む。)並びに本学との契約等に基づき研究活動に携わる研究者及び学生等(以下「教員等」という。)を対象者とする。
また、対象とする知的財産は、著作権、特許権、意匠権その他の諸権利(実用新案権、商標権、品種登録を受ける権利等)の対象となる知的財産及び研究成果としての有体物とする。

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る