国際交流・地域貢献

留学を希望する岐薬生

留学を希望する岐薬生
岐阜薬科大学では、多数の学生が語学留学を中心とした留学を経験し、また大学院博士課程修了学生は、その多くが海外の大学のポスドクとして留学を経験します。

また、在学生向けの短期留学プログラムを複数設置し、岐阜薬科大学と交友関係にある中国・アメリカの大学への短期留学を助成しています。

研修・短期留学レポート

中国の薬科系大学との交流

中国薬科大学(集合写真)

本学は、1982年に中国南京市の中国薬科大学(当時:南京薬学院)との学術交流協定を締結し、1984年には、岐阜市の友好都市である中国・杭州市にある浙江大学薬学院とも協定が締結され、両大学とは教員の相互訪問による研究発表を中心に交流を進めてきました。平成23年度からは、教員の訪問に学生が同行して、日中の学生を主体とする新たな交流が始まりました。

村山奨学金事業

本学は医薬分業の思想から高度な知識・技術を有する薬剤師要請を目指しています。その面での先進国である米国における薬学・臨床薬学教育の視察を、教員と選抜された希望学生によって行っています。なお、この取組は、本学の卒業生である村山元様の御寄付による基金の補助を得て行われています。

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る