大学案内

薬草園研究室

研究テーマ Research Interests

セルフメディケーションが話題となっているが、薬草鑑別の知識が不十分な異種業者の参入により、医薬品はもとより健康食品分野で混乱が生じている。使用部位の誤解、名称類似生薬の取違え、食品化による多量摂取といった問題が表面化し、健康食品に関する専門家の養成が急務であり、消費者との接点が多い薬剤師にその責が求められている。この様な薬用植物を取り巻く状況を踏まえて、当研究室では ①流通する薬用植物に関して、顕微鏡鑑定手法を用いた基原の同定を行う ②いわゆる健康食品に関する情報を収集し、整理する ③薬用植物の遺伝資源確保を目指した種苗の導入と増殖を行う ④植物生態学的観点から野生生物の保全に関する調査を行う ⑤薬用植物に関する正しい知識の啓蒙活動を行う を目的に活動を続けてきている。当研究室出身者には、薬用植物を仲立ちとした社会貢献ができる人材としての成長を切望し、『漢方薬・生薬認定薬剤師』(財・薬剤師研修センターの認定制度)としての活躍を期待している。

研究課題 Research Objectives
  1. 生薬データベースの構築に関する研究
    A study about the construction of the crude drug database
  2. いわゆる健康食品や医薬品に配合される植物の顕微鏡鑑定研究
    The microscope judgment study of a plant combined with so-called health food and medical supplies
  3. 寒冷地に於ける有用資源植物の導入栽培研究
    The introduction cultivation study of the useful resources plant in cold districts
  4. 薬用植物栽培および生薬調製加工に関する研究
    A study about medical herb cultivation and the crude drug preparation processing
最近の研究成果 Research Results
  1. Nomura R., Arimoto K., Ishihara R., Tto M., Okasaka M., Kanaya T. Kawanishi Y., Kawabata A., Sakai E., Shimada Y., Takai Y., Tagami T., Tokura K., Hisata Y., Moriyasu M., Yamamoto Y. and Yokokura T.; Studies on Gentianae Radix, Gentianae scabra Radix and Gentianae macrophyllae Radix, Shoyakugaku Zasshi, 68, 43-52 (2014).
  2. Sakai E., Katayama T., Ogasawara T., Mizuno M.; Identification of Anogeissus latifolia Wallich and analysis of refined gum ghatti. J. Nat. Med., 67, 276-280 (2013).
  3. Gotoh T., Kawamura T., Sakai E. and Tanaka T.; Vertical distribution of Sorbus Species (Rasaceae) and species composition of their habitats at Mts. Norikura in Gifu Prefecture, J. Phytogeogr. Taxon., 60, 21-27 (2012).
  4. Tanaka H., Atsumi I., Shirota O., Sekita S., Sakai E., Sato M., Murata J., Murata H., Darnaedi D., Chen I.; Three New Constituents from the Roots of Erythrina variegata and Their Antibacterial Activity against Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus, Chemistry & Biodiversity, 476-482 (2011).
  5. Tagami T., Arimoto K., Ito M., Osumi Y., Okasaka M., Kanaya T., Sakai E., Shimada Y., Takai Y., Tagami T., Tokura K., Nakajima K., Noguchi M., Hashizume T., Hista Y., Honda G., Moriyasu M., Yamamoto Y., Yokokura T.; A Quantitative Analysis of Schizandrin and Gomisin A in Schisandrae Fructus. Shoyakugaku Zasshi, 65, 108-113 (2011).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る