大学案内

薬品化学研究室

研究テーマ Research Interests

プロセス化学、有機合成化学、創薬化学、環境化学への実用的貢献を目標として活発に研究し、60件超の特許を保有している。特に「安全」、「環境負荷低減」、「コスト」、「反応効率」をキーワードとした「機能性新規触媒の開発研究」は「連続フロー合成への適用」に向けて展開させており、既に12種類の官能基選択的接触還元触媒を実用化した。また、ルイス酸触媒やカチオン種に注目した新しい有機分子構築法の開発と、独自に開発した方法論を応用した全合成研究にも取り組んでいる。なお、当研究室独自の触媒的重水素標識法は、重水素標識試薬販売・受託合成事業として実用化されるとともに、残留農薬や医薬品代謝物定量用サロゲート化合物への応用、あるいはヘビードラッグ開発研究へと展開している。さらに水や炭化水素から水素ガスをメカノ反応的に取り出したり、メチルシクロヘキサンやアルコール類などの有機ケミカルハイドライドから、マイクロウェーブエネルギーを利用したフロー連続反応で水素を取り出すなど、次世代エネルギーの創製研究にも携わっており、地球温暖化対策に向けた実用的研究展開にも積極的取り組んでいる。また、研究室所属で申請資格のある博士(後期)課程大学院生が、全員「日本学術振興会特別研究員」に採用されるなど、活発な研究・教育活動を展開している。

研究課題 Research Objectives
  1. 機能性不均一系遷移金属触媒の開発と医薬品化学的応用
    Development of novel, selective and heterogeneous transition metal catalysts and their application to synthetic and medicinal chemistries
  2. 実用的重水素標識化法の開発と医薬品化学的応用
    Development of novel deuteration methods and its application to synthetic and medicinal chemistries
  3. グリーン・プロセス化学を指向した効率的有機合成反応の開発と医薬品化学的応用
    Development of environmentally-benign and process chemistry-applicable synthetic methodologies
  4. カチオン種の新規発生法を基盤とした有機分子構築法の開発と全合成研究への応用
    Novel construction methods for fundamental skeletons of organic molecules based on the carbocation generation and its application to the total synthesis study
  5. 次世代エネルギーシステムの構築を指向した水素製造法の開発と地球温暖化ガスの有効利用
    Development of novel hydrogen production methods and efficient use of greenhouse gasses demanding the next-generation energy system
最近の研究成果 Research Results
  1. Yasukawa N., Yokoyama H., Masuda M., Monguchi Y., Sajiki H., Sawama Y., Highly-Functionalized Arena
    Synthesis Based on Palladium on Carbon-Catalyzed Aqueous Dehydrogenation of Cyclohexadienes and Cyclohexenes, Green Chem. 20, 1213-1217 (2018).
  2. Kawajiri T., Ohta R., Fujioka H., Sajiki H., Sawama Y., Aromatic Aldehyde-Selective Aldol Addition with Aldehyde-Derived Silyl Enol Ethers, Chem. Commun., 54, 374-377 (2018).
  3. Ichikawa T., Netsu M., Mizuno M., Mizusaki T., Takagi Y., Y. Sawama, Y. Monguchi, , Sajiki, H., Development of a unique heterogeneous palladium catalyst for Suzuki–Miyaura reaction using (hetero)aryl chlorides and chemoselective hydrogenation, Adv. Synth. Catal., 359, 2269–2279 (2017); Highlighted in in Synfacts, 13, 1108 (2017).
  4. Monguchi Y., Kunishima, K., Hattori T., Takahashi T., Shishido Y., Sawama Y., Sajiki H., Palladium-Catalyzed C-H Monoalkoxylation of α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds, ACS Catalysis, 6, 3994-3997 (2016).
  5. Sawama Y., Kawajiri T., Niikawa M., Goto R., Yabe Y., Takahashi T., Marumoto M., Itoh M., Kimura Y., Monguchi Y., Kondo S., Sajiki H., Stainless-Steel Ball-Milling Method for Hydro-/Deutero- genation using H2O/D2O as a Hydrogen/Deuterium Source, ChemSusChem, 8, 3773-3776 (2015).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る