大学案内

薬局薬学研究室

研究テーマ Research Interests

薬局薬学研究室では、岐阜薬科大学附属薬局における保険調剤の業務を通して見出される様々な課題に着目し、その解決を目的とした研究を行っている。研究テーマは、調査研究から基礎研究に至るまで多岐にわたる内容を幅広く扱っている。調査研究としては、薬剤師の業務に関するもの(薬局におけるプレアボイドに関する調査)や、実務実習生の調剤過誤防止を目的とした研究を行っている。基礎研究としては、臨床現場で使用されている様々な医薬品の評価やサプリメントの作用の評価などを行っている。

研究課題 Research Objectives
  1. 薬局薬剤師の業務改善効果の科学的な評価に関する研究
    Scientific assessment of improvement on pharmacy practice
  2. 医薬品およびサプリメントの作用に関する研究
    Study on effect of medicine and supplement
  3. 医薬品の適正使用の推進に関する研究
    Promotion of proper use of pharmaceutical products
最近の研究成果 Research Results
  1. Sakai C., Yokoyama S., Ino Y., Yamashita S, Noguchi Y., Iguchi K., Teramachi H., Analysis of pre-avoid cases at community pharmacy, J. Community Pharm. Pharm. Sci., in press.
  2. Iguchi K., Sakai C., Yokoyama S., Ino Y., Yamashita S, Noguchi Y., Matsunaga T., Nakamura M., Sugiyama T., Teramachi H., Subdivision service in Gifu Pharmaceutical University Pharmacy, J. Community Pharm. Pharm. Sci., 8, 149-154 (2016).
  3. Iguchi K., Okubo S., Iwamoto R., Sakai C., Yokoyama S., Ino Y., Yamashita S, Noguchi Y., Matsunaga T., Nakamura M., Sugiyama T., Teramachi H., A potential countermeasure against pharmacy students dispensing the wrong quantity, Jpn. J. Community Pharm., 4, 1-8 (2016).
  4. Iguchi K., Iwamoto R., Sakai C., Yamashita S, Noguchi Y., Matsunaga T., Nakamura M., Sugiyama T., Teramachi H., Effect of automated blood pressure device cuff position on blood pressure measurement, J. Community Pharm. Pharm. Sci., 7, 105-111 (2015).
  5. Iguchi K., Yamashita S., Ito E., Noguchi Y., Kubota M., Nakamura M., Teramachi H., Sugiyama T., Dispensing errors made by pharmacy students during pharmacy-based practical training at Gifu Pharmaceutical University Pharmacy, J. Community Pharm. Pharm. Sci. 6, 150-156 (2014).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る