大学案内

薬局薬学研究室

研究テーマ Research Interests

薬局薬学研究室では、岐阜薬科大学附属薬局における保険調剤の業務を通して見出される様々な課題に着目し、その解決を目的とした研究を行っている。研究テーマは、薬剤師の業務に関するもの、医薬品やサプリメントの作用の解析に関するものなどを幅広く扱っている。薬剤師の業務に関連するものとしては、調剤過誤防止を目的とした調剤薬監査の方法に関して、処方せんの薬品名と調剤薬の薬品名を一文字ずつ監査する方法(一文字監査)を提唱し、その有用性について明らかにしてきた。また、医薬品の品質に関し、家庭における医薬品の保存条件が与える影響について検討を行っている。医薬品の作用の評価に関するものとしては、臨床現場において適応外使用されている医薬品の作用の基礎的な面からの評価をしている。例えば、骨粗鬆症治療薬であるビスホスホネート剤の前立腺癌に対する適応外使用について、ビスホスホネート剤が癌細胞に与える抑制作用について解析を行っている。また、サプリメントに関係する天然由来成分の作用について科学的な評価を試みている。

研究課題 Research Objectives
  1. 薬局薬剤師の業務改善効果の科学的な評価に関する研究
    Scientific assessment of improvement on pharmacy practice
  2. 医薬品およびサプリメントの作用に関する研究
    Study on effect of medicine and supplement
  3. 医薬品の適正使用の推進に関する研究
    Promotion of proper use of pharmaceutical products
最近の研究成果 Research Results
  1. Iguchi K., Yamashita S., Ito E., Noguchi Y., Kubota M., Nakamura M., Teramachi H., Sugiyama T., Dispensing errors made by pharmacy students during pharmacy-based practical training at Gifu Pharmaceutical University Pharmacy, J. Community Pharm. Pharm. Sci. 6, 150-156 (2014).
  2. Sakai C., Kawabata T., Hishida K., Li M., Imade Y., Factors associated with medicine use behavior among junior and senior high school students, Jpn. J. School. Health., 56, 11-20 (2014).
  3. Iguchi K., Hashimoto M., Kubota M., Yamashita S., Nakamura M., Usui S., Sugiyama T., Hirano K., Effects of 14 frequently used drugs on prostate-specific antigen expression in prostate cancer LNCaP cells, Oncol. Lett.,7, 1665-1668 (2014).
  4. Shakui T., Iguchi K., Ito T., Baba M., Usui S., Oyama M., Tosa H., Iinuma M., Hirano K., Anti-androgenic activity of hydroxyxanthones in prostate cancer LNCaP cells, Fitoterapia, 92, 9-15 (2014).
  5. Iguchi K., Effect of bisphosphonates on anticancer activity in prostate cancer cells, Yakugaku Zasshi, 132, 1025-1030 (2012).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る