大学案内

生薬学研究室

研究テーマ Research Interests

生薬学研究室は新制岐阜薬科大学が発足した昭和24年から続く研究室であり、嶋野武教授、松浦信教授、水野瑞夫教授、井上謙一郎教授、飯沼宗和教授により主宰されてきた。生薬学は薬学独自の学問であり、薬用植物の栽培からバイオテクノロジーを応用した創薬まで、研究領域は広範囲に亘る。その中で、我々は自然豊かな岐阜の地に設置された大学だからこそ、フィールドに新たな薬用資源を探しに出かけたり、地域の伝承薬物に含まれる有用成分を取り出し、それらの生理活性を評価したり、地の利を活かした天然物化学領域の研究を行なっている。また、中部圏における植物資源保有拠点としての役割を果たすべく、県外・国外の植物園や研究機関とも協力体制を築き、植物検体の収集や単離成分の充実を図っている。現在研究室では、ミカン科、マメ科、クスノキ科、マンサク科、キンバイザサ科、カヤツリグサ科等から選りすぐった種を対象に成分検索し、フラボノイド、アルカロイド、ポリケタイド、リグノイド、テルペノイド等、多様な化学成分の単離と構造解析を推し進めている。得られた化合物については、共同研究機関にて生理活性試験が行われており、これまでに抗腫瘍、抗肥満、抗酸化等の効果が見出された。一方で、漢方教育を担う研究室として、漢方薬学の教育法や複雑系の評価法についても検討している。

研究課題 Research Objectives
  1. 生物多様性に基づく薬用資源の探索と応用に関する研究
    Survey of the medicinal resources in compliance with the Access and Benefit Sharing provisions of the Convention on Biological Diversity
  2. 高等植物に含まれる化学成分の解析と創薬ライブラリーの構築
    Phytochemical investigation of higher plants and production of the natural product library
  3. 岐阜市および周辺地域の植物資源の応用に関する研究
    Research and development of the plant resources native in Gifu and Mino regions
  4. メタボロミクスを用いた生薬製剤および植物試料の多成分分析
    Multicomponent analyses of crude drug products and plant samples using metabolomics
最近の研究成果 Research Results
  1. Mori K., Shimogomi A., Abe N., Haba M., Yoshimura T., Witono J. R., Darnaedi D., Tanaka T., Murata J., Oyama M., Three new 5,6-a-pyrones isolated from Cryptocarya nitens, Heterocycles, 96, 1583-1591 (2018).
  2. Li B., Ali Z., Chan M., Li J., Wang M., Abe N., Wu C.-R., Khan I. A., Wang W., Li S.-X., Chemical constituents of Pholidota cantonensis, Phytochemistry, 137, 132-138 (2017).
  3. 矢作忠弘,石内勘一郎,渥美聡孝,三宅克典,森永紀,伏見裕利,大山雅義,森川敏生,田中謙,有田正規,牧野利明,歴代教科書・解説書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化 (1) & (2), 生薬学雑誌71, 1-36 (2017).
  4. Li B., Ali Z., Chan M., Li J., Wang M., Abe N., Wu C.R., Khan I.A., Wang W., Li S.X., Chemical constituents of Pholidota cantonensis, Phytochemistry, 137, 132-138 (2017).
  5. Nakashima K., Abe N., Chang F.R., Inoue M., Oyama M., Pteleifolols A-E, acetophenone di-C-glycosides and a benzopyran dimer from the leaves of Melicope pteleifolia, J. Nat. Med., 71, 299-304 (2017).
  6. Manda V.K., Avula B., Ashfag M.K., Abe N., Khan I.A., Khan S.I., Quantification of mesembrine and mesembrenone in mouse plasma using UHPLC-QToF-MS: Application to a pharmacokinetic study, Biomed. Chromatogr., 31 (2017).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る