大学案内

生薬学研究室

研究テーマ Research Interests

生薬学研究室は、昭和24年4月に岐阜薬学専門学校が新制大学として再編された折から連綿と続く研究室の一つであり、嶋野武、松浦信、水野瑞夫、井上謙一郎、飯沼宗和らの教授陣により主宰されてきた。平成25年8月から、大山雅義が本研究室の教授を拝命し、現在に至っている。
主な研究テーマは、『1.天然生理活性物質の探索』と『2.メタボローム解析による多成分分析』の二つである。テーマ1は、本研究室の伝統である植物化学分類を発展させ、バイオプロスペクティングという観点から有用資源を探索し、人類の生活や健康に寄与する天然生理活性物質を発見することを志向している。国内外の産官学研究機関と連携し、ミカン科、クスノキ科、キンバイザサ科、モクレン科など、数多くの植物資源を収集し、独自の植物ライブラリーの構築を進めつつ、含有成分であるフラボノイド、アルカロイド、リグノイド、ポリケチド、ステロイドなど、多様な化学構造を有する新奇な化合物を単離し、これまでに抗腫瘍活性、抗酸化活性、抗肥満活性などを見出している。テーマ2は、天然薬物は多成分系を本質としており、従来の「活性本体」を追求する還元主義的方法論では「複合成分による相加・相乗作用」を解明することが困難であることから、NMRまたはMSを用いたメタボローム解析を手法とし、植物が内包するバイオ・ケミカルマーカーの特定を目指している。上記目的の他、植物化学系統の考察へのメタボローム解析の応用にも取り組んでいる。
また、研究室配属学生が卒業後もナチュラリストとして活躍できるように、本学附属薬草園を活用して、薬用植物に関する知識向上にも力を入れている。

研究課題 Research Objectives
  1. 生物多様性を考慮した薬用資源の探索と応用に関する研究
    Bioprospective study for the discovery of ethnomedicines and potential drug candidates
  2. 高等植物に含まれる化学成分の解析と創薬ライブラリーの構築
    Phytochemical investigation of higher plants and operation of natural product repository
  3. NMR/MSを用いたメタボロミクスによる生薬製剤の品質評価と植物化学系統の解明
    Quality control and chemotaxonomy of plant resources using NMR and MS–based metabolomics
最近の研究成果 Research Results
  1. Miura Y., Oyama M., Iguchi K., Ito T., Baba M., Shikama Y., Usui S., Hirano K., Iinuma M., Mikamo H., Anti-androgenic activity of icarisid II from Epimedium Herb in prostate cancer LNCaP cells. J. Nutr. Sci. Vitaminol., 61 (2015), in press.
  2. Loria M.J., Ali Z., Abe N., Sufka K.J., Khan I.A., Effects of Sceletium tortuosum in rats. J. Ethnopharmacol., 155, 731-735 (2014).
  3. Sufka K.J., Loria M.J., Lewellyn K., Zjawiony J.K., Ali Z., Abe N., Khan I., The effect of Salvia divinorum and Mitragyna speciosa extracts, fraction and major constituents of place aversion and place preference in rats. J. Ethonopharmacol., 151, 361-364 (2014).
  4. Arai Y., Endo S., Miyagi N., Abe N., Miura T., Nishinaka T., Matunaga T., Terada T., Oyama M., Goda H., El-Kabbani O., Hara A., Ikari A., Structure-activity relationship of flavonoids as potent inhibitors of carbonyl reductase 1 (CBR1). Fitoterapia, 101C, 51-56 (2014).
  5. Shakui T., Iguchi K., Ito T., Baba M., Usui S., Oyama M., Tosa H., Iinuma M., Hirano K., Anti-androgenic activity of hydroxyxanthones in prostate cancer LNCaP cells. Fitoterapia, 92, 9-15 (2014).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る