大学案内

数学研究室

研究テーマ Research Interests

数学研究室では,非線形力学系におけるさまざまな現象の解析を進めている。1つは,カオス力学系において,同期現象のゆらぎ効果である。均一なシステムよりも不均一なシステムの方が同期しやすいことを,確率密度関数を使って解析したが,更なる厳密で詳細な解析を検討している。もう1つは,カップルド・マップ・ラティスにおける非線形Frobenius-Perron方程式を用いた動的振る舞いの研究である。非線形Frobenius-Perron方程式において,解析しやすいように,piecewise linearなマップを使って,システムサイズ無限大のダイナミクスを研究している最中である。基礎教育を担っている講座として,もう一つの大きな目的は,学生によりわかりやすく講義を行い,その後の薬学研究に繋がる教育をすることにある。教養課程の数学と統計教育において,薬学専門研究に役立つ教育を行っていくことを目指している。

研究課題 Research Objectives
  1. カオス同期現象におけるゆらぎ効果
    Fluctuation effect in chaotic synchronization
  2. 非線形Frobenius-Perron方程式における同期現象
    Synchronization in nonlinear Frobenius-Perron equation
  3. 薬学部における数学教育
    Mathematics education in faculty of pharmaceutical sciences
  4. 医療統計教育
    Medical statistics education
最近の研究成果 Research Results
  1. Katsuragi D, Dynamics of a Skew Tent Map in the Nonlinear Frobenius-Perron Equation, JPS Conference Proceedings, 019008-1-019008-4(2014)
  2. Katsuragi D, Problems in tests on differences between means, Academic Journal of Mathematics Education Soceity in Japan, papers of Autumn Annual Meeting in 2013, 89-91(2013).
  3. Katsuragi D, sin-1x or arcsinx, Academic Journal of Mathematics Education Soceity in Japan, papers of Spring Annual Meeting in 2013, 232-234(2013).
  4. Katsuragi D, Can the finite system size become good approximation of the infinite system size in the chaos dynamics ?, IEICE Technical Report, NLP2012-131, 155-158(2013).
  5. Katsuragi D, Present situation of education before entrance to university and verification of the effect, 18th FD Forum Report of the Consortium of Universities in Kyoto, 353-366(2013).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る