大学案内

感染制御学研究室

研究テーマ Research Interests

感染制御学研究室では、微生物による感染症の発症機構や宿主の生体防御機構の解析、ワクチンや化学療法薬の開発を行っている。重点テーマは以下の通り。

  1. 妊婦に感染したサイトメガロウイルス(CMV)が胎児に感染し発達障害を起こす先天性CMV感染症。出生児の0.3%に感染が見られ、3割程度が症候性である。同胞兄弟の唾液・尿等を介して妊婦に感染するためワクチン開発が必須である。小動物で唯一経胎盤感染と病態解析が可能なモルモットを用いてワクチンの開発研究を行っている。また。副反応がある既存薬に代わる新規薬剤も探索している。
  2. 病因不明の難治性炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎。病変が大腸に限局するため、腸内細菌の関与が指摘されている。デキストラン硫酸ナトリウム経口投与によるマウスモデルを確立し、リンコマイシン前投与による発症抑制などを示してきた。発症に関与する腸内細菌の解析、発症阻害物質の検索・作用機序の解析などを行っている。
  3. 感染防御の第一線として働く自然免疫。病原体の分子パターンを認識するToll様受容体(TLR)などの自然免疫受容体は炎症反応を始動する。この反応は感染防御に重要だが、しばしば組織障害や炎症性疾患の原因となるため、適切な制御を目的として、様々な化合物のTLRシグナルへの影響やその作用機構を解析している。
研究課題 Research Objectives
  1. 病原体の経胎盤感染機序の解析とワクチン開発に関する研究
    Pathobiological studies on congenital infection and vaccine development
  2. 新規抗ウイルス薬の探索と作用機序に関する研究
    Screening of novel antiviral compounds and analyses of their targeting processes
  3. 消化管粘膜における感染性および炎症性疾患の発症機序と治療に関する研究
    Pathophysiological and therapeutic studies on mucosal infectious and inflammatory diseases in the gut
  4. 自然免疫活性化シグナル伝達の制御に関する研究
    Studies on the regulation/modulation of innate immune signaling

 

最近の研究成果 Research Results
  1. Yamada S., Fukuchi S., Hashimoto K., Fukui Y., Tsuda M., Kataoka M., Katano H., Inoue N., Guinea pig cytomegalovirus GP129/131/133, homologs of human cytomegalovirus UL128/130/131A, are required for viral entry into monocytes and macrophages, J. Gen. Virol. 95, 1376-1382 (2014).
  2. Hashimoto K., Yamada S., Katano H., Fukuchi S., Sato Y., Kato M., Yamaguchi T., Moriishi K., Inoue N., Effects of immunization of pregnant guinea pigs with guinea pig cytomegalovirus glycoprotein B in viral spread in the placenta, Vaccine 31, 3199-3205 (2013).
  3. Sugiyama T., Takahashi K., Kuzumaki A., Tokoro S., Neri P., Mori H., Inhibitory mechanism of 10- hydroxy-trans-2-decenoic acid (royal jelly acid) against lipopolysaccharide- and interferon-β-induced nitric oxide production, Inflammation 36, 372-378 (2013).
  4. Inoue N., Matsushita M., Fukui Y., Yamada S., Tsuda M., Higashi C., Kaneko K., Hasegawa H., Yamaguchi T., Identification of an antiviral compound that targets the varicella-zoster virus major capsid protein (ORF40) and inhibits the normal capsid maturation, J. Virol. 86, 12198-12207 (2012).
  5. Sugiyama T., Gotou T., Moriyama K., Kajiura N., Hasegawa T., Tomida J., Takahashi K., Komatsu T., Ueda H., Sato K., Tokoro S., Neri P., Mori H., Mechanism of inhibition of lipopolysaccharide-induced interferon-β production by 2-aminopurine, Mol Immunol. 52, 299-304 (2012).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る