大学案内

感染制御学研究室

研究テーマ Research Interests

感染制御学研究室では、微生物による感染症の発症機構や宿主の生体防御機構の解析、ワクチンや化学療法薬の開発を行っている。重点テーマは以下の通り。1)妊婦に感染したサイトメガロウイルス(CMV)は胎児に感染し、発達遅滞や神経学的障害などの先天性CMV感染症を起こす。出生児の0.3%に感染が見られ、3割程度が症候性である。同胞兄弟の唾液・尿等を介して妊婦に感染するためワクチン開発が必須である。このため、小動物で唯一経胎盤感染と病態解析が可能なモルモットを用いて、ワクチンの開発研究を行っている。また、ワクチン候補抗原を免疫した動物血清やヒト血清中のCMVに対する中和(感染防御)抗体の迅速簡便測定法などの診断・検査法の開発も行っている。2)胎盤は一過性に形成される組織であり、胎児を攻撃しないために特殊な免疫応答により感染防御が図られている一方、CMVは、その宿主免疫を回避する機能を用いて感染を成立させていると考えられている。母子感染に関わる宿主免疫及びCMVの免疫回避機構の詳細について解析を行っている。3)CMV感染に関与する粒子上の糖タンパク質の解析を通して、CMV受容体の同定など感染の分子機序を明らかにする研究を行っている。蛍光タンパク質を発現する組換えCMVを用いている。4)アシクロビルやガンシクロビルなどに代わる新規抗ヘルペス薬の探索とその作用機序の解明を行っている。5)従来の注射型ワクチンに代わる経口粘膜ワクチンの基盤的技術として、乳酸菌を送達体のベースにしたワクチンの可能性を小動物モデルで検討している。

研究課題 Research Objectives
  1. サイトメガロウイルスの感染・発症機序、感染防御、ワクチン開発に関する研究
    Pathobiological and immunological studies on cytomegalovirus infection and vaccine development
  2. 新規抗ウイルス薬の探索と作用機序に関する研究
    Screening of novel antiviral compounds and analyses of their targeting processes
  3. 乳酸菌を送達体とする経口ワクチンの開発に関する研究
    Studies on oral vaccine strategies based on Lactococcus in small animals models

 

最近の研究成果 Research Results
  1. Yano A., Takahashi K., Mori Y., Watanabe S., Hanamura Y., Sugiyama T., Inoue N., Peyer’s patches as a portal for DNA delivery by Lactococcus lactis in vivo. Biol. Pharm. Bull., in press.
  2. Majima R., Shindo K., Yamaguchi T., Inoue N., Characterization of a thienylcarboxamide derivative that inhibits transactivation functions of cytomegalovirus IE2 and varicella zoster virus IE62, Antiviral Res., 140, 142-150 (2017).
  3. Yasui R., Yamaguchi T., Inoue N., Identification and characterization of a novel anti-varicella zoster virus compound that targets the portal protein encoded by ORF54, Microbiol. Immunol., 61, 398-402 (2017).
  4. Fujii T., Oka A., Morioka I., Moriuchi H., Koyano S., Yamada H., Saito S., Sameshima H., Nagamatsu K., Tsuchida S., Inoue N., Newborn congenital cytomegalovirus screening based on clinical manifestations and evaluation of DNA-based assays for in vitro diagnostics, Ped. Infec. Dis. J., 36, 942-946 (2017).
  5. Yamada S., Katano H., Sato Y., Fukuchi S., Hashimoto K., Inoue N., An ex vivo culture model for placental cytomegalovirus infection using slices of guinea pig placental tissue, Placenta, 37, 85-88 (2016).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る