大学案内

科学英語研究室

研究テーマ Research Interests

多くの日本の大学では、英語のリスニングを授業に取り入れている。研究の目標は、一般英語あるいは科学英語についてリスニングに関与するメカニズムを探求することである。英語のリスニングとは何か、また、リスニングをテストする際の問題点、特に、科学用語と関連があると思われる問題点を検証していく。リスニングに関して先行研究を検討し、理論的な枠組みを構築する。リスニングの授業での評価基準を作成する。さらに、効果的な授業及びテスト方法を検討する。大学でのリスニング授業法の実用的な提案をしていく。

研究課題 Research Objectives
  1. 専門用語のリスニングに関与するメカニズムを探求すること
    To explore the mechanisms involved in scientific English listening ability
  2. 科学用語と関連があると思われるリスニングの問題点を検証する
    To examine the complex issues relevant to scientific English listening
  3. リスニングに関するアンケートを統計的に分析する
    To analyze the data obtained from the replied questionnaires and publish the results
  4. 小グループの練習によりスピーキングとリスニングの能力を向上させる
    Introducing the “small group practice” plan to increase the speaking and listening ability of the students
最近の研究成果 Research Results
  1. Subjective symptoms of female workers sorting goods in summer. Inaba R., Okumura M., Mirbod SM. Industrial Health 06/2011; 49(4):4 64-74.
  2. Subjective musculoskeletal symptoms in winter and summer among indoor working construction electricians. Inaba R., Mirbod SM. Industrial Health 01/2010; 48(1): 29-37.
  3. Comparison of subjective symptoms and cold prevention measures in winter between traffic control workers and construction workers in Japan. Inaba R., Kurokawa J., Mirbod SM. Industrial Health 08/2009; 47(3):283-91
  4. Comparison of subjective symptoms and hot prevention measures in summer between traffic control workers and construction workers in Japan. R. Inaba, Mirbod SM. Industrial Health 02/2007; 45(1):91-9.
  5. Subjective symptoms among female workers and winter working conditions in a consumer cooperative. Inaba. R, Mirbod SM., Kurokawa J., Inoue M., Iwata H. J Occup Health 10/2005; 47(5):454-65.

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る