大学案内

実践社会薬学研究室

研究テーマ Research Interests

実践社会薬学研究室は、多くの医療機関および関連団体と連携して臨床で直面している課題を題材とした研究を行っている。岐阜大学病院との連携では、本研究室に配置された大学院生および学部生が岐阜大学病院に勤務する薬剤師とともに治療効果の改善や患者の生活の質(QOL:quality of life)の向上を目指した薬剤業務に基づく研究(Practice-Based Research)を行っており、岐阜大学病院に常駐する教員を中心に、薬剤師主導型の臨床薬理研究にも取り組んでいる。特に、がん薬物療法の副作用軽減に関する研究、抗生物質の適正使用に関する研究などでは多くの成果を臨床にフィードバックし、患者の治療に貢献している。また、地域の病院および保険薬局との連携では、それらの施設に所属する薬剤師を客員共同研究員、大学院生、あるいは研究生として登録し、がん領域、感染症領域、腎疾患領域、漢方領域などにおいて専門性を生かした薬剤師介入による薬物療法の適正化に関する臨床研究を行っている。さらに、行政及び地域薬剤師会との連携では、「地域包括ケアシステム」を推進するための薬剤師の職能確立及び「患者のための薬局ビジョン」に示された“かかりつけ薬剤師・薬局”並びに“健康サポート薬局”を普及させるための課題の探索と解決策の研究を行っている。これらに加えて、在宅医療、災害医療の分野で活躍できる薬剤師を養成するために、地域の薬局、病院、行政、卸等に勤務する薬剤師を対象にこれらの分野で必要な知識の啓蒙と技術の修得を目的とした研修会を開催している。

研究課題 Research Objectives
  1. 在宅医療で期待される薬剤師の職能に関する研究
    Study on the professional competence required of pharmacists in home health care
  2. 薬剤師の専門性を生かした薬物療法の適正化に関する研究
    Study on the optimization of medication therapy utilizing the expertise of pharmacists
  3. 薬剤師の専門性を生かした地域医療の適正化に関する研究
    Study on the optimization of home health care utilizing the expertise of community pharmacists
  4. 個別化薬物療法を指向した遺伝子多型と薬物動態解析に基づく臨床薬理研究
    Personalized drug therapy-directed clinical pharmacology research based on genetic polymorphisms and pharmacokinetics analysis
  5. 災害医療における薬剤師の役割に関する研究
    Study on the roles of pharmacist in disaster medicine
最近の研究成果 Research Results
  1. Suzuki D., Ichie T., Hayashi H., Kuroyanagi T., Sugiyama T., Changes in Lipid Profiles and Serum Phosphorus Levels due to combination of HMG-CoA reductase inhibitor and Lanthanum Carbonate. J. Nephrol. Pharmacother., in press (2017).
  2. Nakashima M., Takahashi T., Nakakihara Y., Fukumoto Y., Hiramatsu S., Hayashi H., Sugiyama T., Influence of dosages surveillance on the administration of tazobactam/piperacillin to patients with renal failure. Jpn. J. Pharm. Health Care Sci., in press (2017).
  3. Kawaguchi Y., Hanaoka J., Hayashi H., Mizusaki N., Iihara H., Itoh Y., Sugiyama T., Clinical Efficacy of Afatinib Treatment for a Patient with Leptomeningeal Carcinomatosis. Chemother., 62: 147-150 (2017).
  4. Imai H., Kaira K., Naruse I., Hayashi H., Iihara H., Kita Y., Mizusaki N., Asao T., Itoh Y., Sugiyama T., Minato K., Yamada M., Successful afatinib treatment of advanced non-small-cell lung cancer patients undergoing hemodialysis. Cancer Chemother. Pharmacol., 79: 209-213 (2017).
  5. Suzuki D., Ichie T., Hayashi H., Sugiura Y., Sugiyama T., Efficacy of sucroferric oxyhydroxide treatment in Japanese hemodialysis patients and its effect on gastrointestinal symptoms. Pharmazie, 72: 118-122 (2017).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る