大学案内

医薬品情報学研究室

研究テーマ Research Interests

本研究室の使命は、基礎研究および臨床研究を通じて、医薬品適正使用に必要とされる新しい“知識”を創出することにある。我々は、個々の“データ”を収集・解析・評価することで“情報”に加工し、その中から医療に役立つ普遍的な“知識”を見つけだし、その“知識”を社会に発信する。我々は、基礎および臨床を俯瞰したデータマネージメントを遂行できる人材を継続して社会に輩出する。この目的を達成するために、下記のDry研究およびWet研究を行っている。

  1. レギュラトリーサイエンスおよびトランスレーショナルリサーチに関する研究:大規模臨床副作用データベースを用いた医薬品の副作用情報の収集、解析、加工、および得られたエビデンスの臨床での活用
  2. LC-MSを利用した生体マトリックス中薬物濃度の高感度分析法およびその臨床応用
  3. リピドミクス手法を用いたスフィンゴリン脂質代謝物の新規疾患バイオマーカーの探索
研究課題 Research Objectives
  1. リピドミクスによる新規白血病バイオマーカーの探索と臨床応用
    Lipidomics analysis for leukemia using LC-MS
  2. 医薬品適正使用支援システムの開発と高度医療専門職人材育成への応用
    Project for the developing highly skilled professionals based on the field of regulatory science
  3. リピドミクスによる新規アトピー性皮膚炎バイオマーカーの探索と検証
    Lipidomics analysis for atopic dermatitis using LC-MS(/MS)
  4. マイクロドーズ手法のTDMのへの応用
    Development of micro-dosing technique for therapeutic drug monitoring
  5. スフィンゴ脂質代謝に着目した抗がん剤の神経障害メカニズムの解明
    Mechanism of anti-cancer drug induced neurite toxicity focused on sphingolipid metabolism

 

最近の研究成果 Research Results
  1. Ueno T., Asahina Y., Tanaka A., Yamada H., Nakamura M., Uyama Y., Significant differences in drug-lag in clinical development among various strategies used for regulatory submissions in Japan, Clinical Pharmacology and Therapeutics, 533-541 (2014).
  2. Tawada C., Kanoh H., Nakamura M., Mizutani Y., Fujisawa T., Banno Y., Seishima M., Interferon-γ Decreases Ceramides with Long-Chain Fatty Acids: Possible Involvement in Atopic Dermatitis and Psoriasis, Journal of Investigative Dermatology, 134, 712-718 (2014).
  3. Umetsu R., Nishibata Y., Abe J., Suzuki Y., Hara H., Nagasawa H., Kinosada Y., Nakamura M., Evaluation of the association between the use of oral anti-hyperglycemic agents and hypoglycemia in Japan by data mining of the Japanese Adverse Drug Event Report (JADER) database, YAKUGAKU ZASSHI, 134, 299-304 (2014).
  4. Iwata C., Abe C., Nakamura M., Morita H., Hypergravity exposure for 14 days increases the effects of propofol in rats, Anesthesia and Analgesia, 118, 125-131 (2014).
  5. Inaba R., Hioki A., Kondo Y., Nakamura H., Nakamura M., Study on the Work-related Stress among Hospital Pharmacits, Japanese Journal of Occupational Medicine and Traumatology, 62, 322-327 (2014).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る