大学案内

放射化学研究室

研究テーマ Research Interests

我々の研究室では、脂質栄養による生活習慣病予防の可能性について研究を行っている。また、これと並行して、RI施設の維持・管理、第一種放射線取扱主任者の資格取得希望者に対する学習支援も実施している。

 戦後よりわが国で起きた、がんやアレルギー等の炎症性慢性疾患の増加は、脂質摂取量、特に植物性油脂の摂取量上昇が原因の一つであると考えられた。そして、植物油に多く含まれるn-6系脂肪酸摂取の抑制、または、n-6系脂肪酸と代謝拮抗するn-3系脂肪酸摂取の増加で、これらの疾患を緩解、予防できることが、多くの動物実験や臨床試験で証明されてきた。

一方で、n-6/n-3のバランスだけでは解決できない疾患も多く存在する。ヒトの脳卒中モデル動物である脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)は、n-3系脂肪酸を比較的多く持つ菜種油を摂取した方が、n-6系脂肪酸を多く含む大豆油を摂取したものと比べて、著しく寿命が短縮される。これらの疾患に対してはn-6/n-3以外の脂肪酸、コレステロールをはじめとする各種ステロール類、及び脂溶性の微量抗酸化物質についても検討すべきである。我々は、先に述べたSHRSPの問題も含めた、脂質栄養と疾患にまつわる種々の未解決のテーマについて、実験動物に対する油脂の長期投与の系を用いて取り組んでいる。これらを解決することで、生活習慣病の予防に対する脂質栄養の指針確立に貢献できればと考えている。

研究課題 Research Objectives
  1. 脂質栄養による生活習慣病予防効果の検討
    Investigation into preventive effect of lipid nutrition on lifestyle disease
  2. 機能性脂質分子の効率的輸送方法に関する基礎研究
    Fundamental research of the method in effective transport of functionalized lipid molecule
  3. 第一種放射線取扱主任者資格取得のための効率的な学習支援
    Efficient learning support system of acquisition of license of senior radiation protection supervisor
最近の研究成果 Research Results
  1. Tatematsu K., Koide A., Morimitsu M., Fukushima S., Mori Y., The Enhancing effect of ethanol on the mutagenic activation of N-nitrosomethylbenzylamine by cytochrome P450 2A in the rat oesophagus, Mutagenesis, 28, 161-169 (2013).
  2. Tatematsu K., Koide A., Hirose M., Nishikawa A., Mori Y., Effect of cigarette smoke on mutagenic activation of environmental carcinogens by cytochrome P450 2A8 and inactivation by glucuronidation in hamster, Mutagenesis, 26, 323-330 (2011).
  3. Kuno T., Hirose Y., Yamada Y., Imaida K., Tatematsu K., Mori Y., Mori H., Chemoprevention of 1,2-dimethylhydrazine-induced colonic preneoplastic lesions in Fischer rats by 6-methylsulfinylhexyl isothiocyanate, a wasabi derivative, Oncology letters, 1, 273-278 (2010).
  4. Okuyama H., Ohara N., Tatematsu K., Fuma S., Nonogaki T., Yamada K., Ichikawa Y., Miyazawa D., Yasui Y., Honma. S., Testosterone-lowering activity of canola and hydrogenated soybean oil in the stroke-prone spontaneously hypertensive rat, J. Toxicol. Sci., 35, 743-747 (2010).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る