大学案内

健康・スポーツ科学研究室

研究テーマ Research Interests

健康・スポーツ科学研究室では、主に4つの分野での研究を進めている。1つ目は、身体運動および様々なレクリエーション的活動がストレス軽減効果に及ぼす影響について検討している。本研究は、心理学的 (感情の変化) および生理学的 (唾液クロモグラニンA、唾液コルチゾール) の両側面のアプローチから検討を進めている。2つ目は、スポーツ・レクリエーション活動を用いた介護予防のための簡易介入プログラムの開発に関する研究を進めている。3つ目は、剣道の歴史に着目し、近代における剣道の技法の確立過程と剣道用具の変遷とを関連づけて検討を進め剣道用具の進展が剣道の技術にどのような影響を与えたのかを明らかにすることである。4つ目は、中学校学習指導要領の改訂に伴い「剣道」は必修科目の一つとなった。これを受け、現代の剣道の礎となった近代剣道に焦点を当て、当時の剣道初心者指導の在り方はどのような指導体制と指導法が実践されてきたのかを当該期に発刊された剣道書から読み解き現在の剣道授業に活かせる新しい知見を見いだすことを目指している。

研究課題 Research Objectives
  1. 介護予防のための簡易介入プログラム開発に関する研究
    Research on development of simple intervention programs for preventive approaches in long-term care
  2. 身体運動およびレクリエーション的活動のストレス軽減効果に関する研究
    The effects of stress reduction following physical exercise and recreational activities
  3. 近代剣道における剣道の技法に関する歴史的研究
    The study on the history of modern techniques of Kendo
  4. 剣道の初心者指導法について
    The study on the pedagogy of Kendo for beginners
最近の研究成果 Research Results
  1. Sugiura H., Nishiwaki K., Sugata F., Okazaki T., Do the music therapy combined with recreational games contribute to the improvement of the cognitive functions?, Jpn. J. Health Rec., 13, 29-35 (2017).
  2. Mirbod SM., Sugiura H., A non-invasive technique for the evaluation of peripheral circulatory functions in female subjects with Raynaud’s Phenomenon, Industrial Health, 55, 275-284 (2017).
  3. Sugiura H., Okazaki T., Evaluation of different recreational activity development in stress release among women, Jpn. J. Health Rec., 12, 21-28 (2016).
  4. Sakamoto T., Urabe J.,Yano,Y., The Kendo-gu and Shinai of the Former Horibe Residence: As Part of Kendo-Yogu Historical Research, Tokai Journal of Budo, 11, 9-15 (2017).
  5. Yano Y., Sakamoto T. Yamamoto K., Nakayama T., An effort by Unosuke Ozawa to develop kenjutsu into an educational medium:Creation of kenjutu from the medical rationalism-based concept of physical education. Journal of the Kobe University of Welfare 17(1), 99-106 (2016).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る