大学案内

衛生学研究室

研究テーマ Research Interests

衛生学研究室では、「化学物質の安全管理(環境汚染防止を含む)」及び「化学物質を用いた疾病予防」の2大テーマについて研究を行っている。発生毒性、免疫毒性、内分泌撹乱作用、神経毒性、遺伝子毒性などを中心に、化学物質の毒性メカニズムや安全性評価を、遺伝子改変モデル動物や分子生物学的手法を用いて検討している。
「有機スズの内分泌撹乱作用とその分子メカニズムに関する研究」は代表的研究の一つである。船底塗料などに使用されてきたトリブチルスズなどの有機スズは、一部の巻貝類において雌の雄化を引き起こす内分泌撹乱物質を有するがその作用機構は不明であった。我々は有機スズが、nMレベルで核内受容体であるretinoid X receptor(RXR)とperoxisome proliferator-activated receptor (PPAR)γのアゴニストとして作用することを見いだし、巻貝類の雌の雄化にはRXRを介した作用が関与していることを明らかにした。我々の結果は、有機スズがRXRやPPARγを介して様々な毒性を誘発する可能性を示している

研究課題 Research Objectives
  1. 哺乳動物の性分化機構の解明と化学物質の内分泌撹乱作用に関する研究
    Studies on endocrine disrupting chemicals and mechanism of their actions on sex development in mammals
  2. 肥満抑制因子の解析と化学物質影響に関する研究
    Studies on analysis of factors on obesity repression in mammals and effect of chemicals on the factors
  3. 有害化学物質の環境内動態評価法及び無害化処理法の開発
    Development of analytical methods on environment dynamics and detoxification treatment methods of hazardous chemicals
  4. 化学物質による免疫機能修飾機構の解明とアレルギー試験法の構築
    Elucidation of modifying mechanism of immune function by chemicals and establishment of evaluating methods for chemicals inducing allergic response
最近の研究成果 Research Results
  1. Ido A., Hiromori Y., Meng L., Usuda H., Nagase H., Yang M., Hu J., Nakanishi T., Occurrence of fibrates and their metabolites in source and drinking water in Shanghai and Zhejiang, China, Sci. Rep., 7, 45931 (2017).
  2. Zhang Z., Hu Y., Guo J., Yu T., Sun L., Xiao X., Zhu D., Nakanishi T., Hiromori Y., Li J., Fan X., Wan Y., Cheng S., Li J., Guo X., Hu J., Fluorene-9-bisphenol is anti-oestrogenic and may cause adverse pregnancy outcomes in mice. Nat. Commun., 8, 14585 (2017).
  3. Hu W., Gao F., Zhang H., Hiromori Y., Arakawa S., Nagase H., Nakanishi T., Hu J., Activation of peroxisome proliferator-activated receptor γ and disruption of progesterone synthesis of 2-ethylhexyl diphenyl phosphate in human placental choriocarcinoma cells: Comparison with triphenyl phosphate. Environ. Sci. Technol., 51, 4061-4068 (2017).
  4. Hiromori Y., Yui H., Nishikawa J., Nagase H., Nakanishi T., Organotin compounds cause structure-dependent induction of progesterone in human choriocarcinoma Jar cells, J. Steroid Biochem. Mol. Biol., 155, 190-198 (2016).
  5. Harada S., Hiromori Y., Nakamura S., Kawahara K., Fukakusa S., Maruno T., Noda M., Uchiyama S., K. Fukui, Nishikawa J., Nagase H., Kobayashi Y., Yoshida T., Ohkubo T., Nakanishi T., Structural basis for PPARγ transactivation by endocrine-disrupting organotin compounds. Sci. Rep., 5, 8520 (2015).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る