大学案内

衛生学研究室

研究テーマ Research Interests

衛生学研究室では、化学物質のリスクアセスメントへの貢献を念頭に、化学物質の毒性発現機構の解明や安全性評価を行うための試験法の開発を、遺伝子改変モデル動物や分子生物学的手法を用いて行っている。これまでに内分泌かく乱作用が疑われていた有機スズ化合物が、核内受容体であるretinoid X receptor(RXR)とperoxisome proliferator-activated receptor (PPAR)γの強力な二重アゴニストとして作用することで、様々な生物種の生殖器系、内分泌系、免疫系、糖脂質代謝系などに影響を与えることを明らかにしてきた。
また当研究室では、「核内受容体を介した化学物質の生体影響に関する研究」について中国(北京大学)およびポルトガル(ポルト大学)との国際共同研究を積極的に展開している。北京大学との共同研究では、強力な抗エストロゲン作用示すフルオレン-9-ビスフェノール(BHPF)がペットボトルの飲料水中に存在し、生殖発生毒性を誘発する可能性を見出した。BHPFについてはその曝露リスクや毒性に関する報告が全くなかったことから、Nature Communication誌に掲載された当該データが、Nature Asia Websiteのハイライト等に取り上げられ、世界的にも注目を集めている。

研究課題 Research Objectives
  1. 核内受容体を介した化学物質の生体影響に関する研究
    Studies on the biological impacts induced by chemical substances via nuclear receptors
  2. 哺乳動物の性分化機構の解明
    Studies on mechanism of sex development in mammals
  3. 肥満抑制因子の解析と化学物質影響に関する研究
    Studies on analysis of factors on obesity repression in mammals and effect of chemicals on the factors
  4. 化学物質による免疫機能修飾機構の解明とアレルギー試験法の構築
    Elucidation of modifying mechanism of immune function by chemical substances and establishment of evaluating methods for chemicals inducing allergic response
最近の研究成果 Research Results
  1. Capitão A., Lopes-Marques M., Ishii Y., Ruivo R., Fonseca E., Páscoa I., Jorge R., Barbosa M., Hiromori Y., Miyagi T., Nakanishi T., Santos M., Castro, LF., The evolutionary exploitation of vertebrate peroxisome proliferator-activated receptor γ by organotins, Environ. Sci. Technol., in press.
  2. Zhang Z., Hu Y., Guo J., Yu T., Sun L., Xiao X., Zhu D., Nakanishi T., Hiromori Y., Li J., Fan X., Wan Y., Cheng S., Li J., Guo X., Hu J., Fluorene-9-bisphenol is anti-oestrogenic and may cause adverse pregnancy outcomes in mice, Nat. Commun., 8, 14585 (2017).
  3.  Ido A., Hiromori Y., Meng L., Usuda H., Nagase H., Yang M., Hu J., Nakanishi T., Occurrence of fibrates and their metabolites in source and drinking water in Shanghai and Zhejiang, China. Sci. Rep., 7, 45931 (2017).
  4. Hiromori Y., Yui H., Nishikawa J., Nagase H., Nakanishi T., Organotin compounds cause structure-dependent induction of progesterone in human choriocarcinoma Jar cells, J. Steroid Biochem. Mol. Biol., 155, 190­­­­­­­­­–198 (2016).
  5. Harada S., Hiromori Y., Nakamura S., Kawahara K., Fukakusa S., Maruno T., Noda M., Uchiyama S., K. Fukui, Nishikawa J., Nagase H., Kobayashi Y., Yoshida T., Ohkubo T., Nakanishi T., Structural basis for PPARγ transactivation by endocrine-disrupting oganotin compounds. Sci. Rep., 5, 8520 (2015).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る