大学案内

英語研究室

研究テーマ Research Interests

英語研究室内においては、英文学と小学校英語教育という二つの研究分野で研究を行っている。英文学においては、ノーベル文学賞を受賞した、カズオ・イシグロ小説にあらわれる「記憶」と「ノスタルジア」をキー・ワードに研究を進めている。また、現代英文学と川端康成等日本文学、小津安二郎等日本映画との比較文学も研究対象としている。関連研究としては、世界文学作品に表象する日本文化の影響分析などである。海外において「日本性」を表現するときに使われる「もののあはれ」等抽象概念は、必ずしも適切に解釈されているとはいえない。「日本性」を明らかにするためには、西洋と東洋の歴史的背景を端緒に芸術作品等との関連からも探究する必要がある。
小学校英語教育では、実際に小学校に赴き、ボランティアで英語を指導しながら、小学校の先生に効果的な指導方法やカリキュラムを作成するなどの試みをはじめている。今後は、英語を話す上で大事な基盤となる小学校の英語の教科書などにも着手する。

研究課題 Research Objectives
  1. 海外で議論されている「日本性」とはどのようなものかについての検証
    To investigate how the Japanese-ness is being interpreted overseas
  2. イシグロの作品にあらわれる「ノスタルジア」と「記憶」の研究
    Study on the meaning of “nostalgia” and “memories” in Kazuo Ishiguro’s novels
  3. 世界文学作品の中にみられる日本文化の影響
    To investigate the Japanese cultural influence in contemporary world literature
最近の研究成果 Research Results
  1. Taketomi, R., Accepting Mortality in Kazuo Ishiguro’s Never Let Me Go─A Thin Line Between Fantasy and Reality, Comparatio, 21, (2017).
  2. Taketomi, R., The ‘Understanding’ in Kazuo Ishiguro’s Never Let Me Go─The Meaning of ‘told and not told’, The Japan Association of Comparative Culture, 126, 75-85 (2017).
  3. Taketomi, R., Misunderstanding in Kazuo Ishiguro’s The Unconsoled─What Does Brodsky’s Loss of Leg Imply?, Comparatio, 20, iv-xii (2016)
  4. Taketomi, R., A Study on “Misunderstanding” and “Amputation” in Kazuo Ishiguro’s The Unconsoled, Vantage Points of English Linguistics, Literature and Education, edit Kazuo Shibuya, Tadao Nomura, Hjime Doi, Tokyo: DTP, 40-51 (2015).
  5. Taketomi, R., The Comparison of Kazuo Ishiguro’s Novel Never Let Me Go with its film, The Japan Association of Comparative Culture, 119, 159-170 (2015).

Thesis on Magazines and Books:

  1. Taketomi, Ria, “The Inner World of Kazuo Ishiguro,” Yuriika, Dec. 11, 2017, pp. 60-66.

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る