大学案内

薬物動態学研究室

研究テーマ Research Interests

当研究室では、TDMや遺伝子解析を用いて患者に最適な薬物治療を提供するための研究を含む以下の研究を行っている。抗がん剤の副作用軽減に関する研究、危険ドラッグおよびその代謝物の検出/同定と体内動態の解析に関する研究が今年度より新たなプロジェクトとして開始される。

  1. PK/PGx解析による薬物治療最適化に関する研究:岐阜大学医学部附属病院薬剤部および診療科、その他医療機関と連携し、HPLC、LC-MS/MSなどの機器を用いた各種薬剤のTDMおよび遺伝子多型解析の結果と薬効や有害事象の関連を検討することにより、個々の患者に最適な薬物治療を提供することを試みる。
  2. 危険ドラッグに関する研究:県内外の研究施設や行政機関と連携し、最近、特に問題となっている危険ドラッグおよびその代謝物の同定法および測定系を確立し、危険ドラッグの不正使用の摘発や使用防止に貢献すると共に、作用メカニズムの解明を試みる。
  3. 抗がん剤による有害作用の軽減に関する研究:QOLの低下やがん化学療法の治療の中止や減量につながる有害事象、特に当研究室では抗EGFR薬で高頻度に起こる皮膚障害に着目し、その克服法を開発することを試みる。探索研究により見出した化合物については臨床応用に展開したいと考えている。
  4. アクアポリンに関する研究:トランスポーターのひとつであるアクアポリンの細胞内輸送制御機構を解明するとともに、制御分子を標的にした創薬の可能性を検討する。
研究課題 Research Objectives
  1. 各種薬物測定系の確立とそれを活用した薬剤師による薬物治療への能動的な取り組みを促進するための基礎および臨床の統合的研究
    To establish the systems of therapeutic drug monitoring and its application in clinical in order for clinical pharmacists to be positively involved in pharmacological therapy
  2. 危険ドラッグに関する研究
    To prevent the illegal use of law-evading drugs (also known as legal highs)
  3. 抗がん剤による有害事象の軽減に関する研究
    To ameliorate the adverse events induced by anticancer drugs
  4. 水の輸送に関連する膜蛋白アクアポリン (AQP) のTraffickingに関する研究
    To elucidate the mechanism of trafficking of aquaporin

 

最近の研究成果 Research Results
  1. Hayashi et al., Polaprezinc prevents oral mucositis in patients treated with high-dose chemotherapy followed by hematopoietic stem cell transplantation, Anticancer Res., 34, 7271-7277 (2014).
  2. Iguchi et al., Effects of 14 frequently used drugs on prostate-specific antigen expression in prostate cancer LNCaP cells, Oncol Lett., 7, 1665-1668 (2014).
  3. Soda et al., The investigation of understanding and comfort of patients taking Divigel 1mg, Yakugaku Zasshi, 134, 575-580 (2014).
  4. Matsunaga et al., Exposure to 9,10-phenanthrenequinone accelerates malignant progression of lung cancer cells through up-regulation of aldo-keto reductase 1B10, Toxicol Appl Pharmacol., 278, 180-189 (2014).
  5. Aoki et al., Difference in the emetic control among highly emetogenic chemotherapy regimens: implementation for appropriate use of aprepitant, Mol Clin Oncol, 1, 41-6 (2013).
  6. Yoshimi et al., Evaluation of the efforts of pharmaceutical care services before medical examination at an outpatient cancer chemotherapy clinic, Gan To Kagaku Ryoho., 40, 349-354 (2013).
  7. Otsuka et al., Suppression of metallothionein 3 gene expression by androgen in LNCaP prostate cancer cells, Biomed Rep., 1, 614-618 (2013).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る