大学案内

病院薬学研究室

研究テーマ Research Interests

病院薬学研究室では、病院および保険薬局における実務経験を有する教員により、医療現場に真に貢献できる問題解決能力のある臨床薬剤師の育成、そして臨床現場での薬剤師実務を基盤とした医療薬学研究を実施している。国民一人ひとりが「医薬品を正しく使う」ことができるようになること、つまりセルフメディケーション推進を目的として、中学校保健体育科の授業プログラムをはじめとした、継続的な教育プログラム「医薬品の正しい使い方」プロジェクトの構築に関する研究を進めている。また、医薬品適正使用のために、臨床現場との連携により臨床的な問題点の抽出およびその解明を行うとともに、新たなエビデンスの確立を目指している。具体的には、「薬物治療を受ける患者における生活の質(QOL)や副作用に関する臨床薬学研究」、「薬剤師によるファーマシューティカルケアに対する医療経済学的評価」、「薬剤疫学的手法による医療データの解析と臨床への活用」等の研究を進めている。

研究課題 Research Objectives
  1. 継続的な教育プログラム「医薬品の正しい使い方」プロジェクトの構築
    Construction of a continuous pharmaceutical education program, “The Project for Proper Use of Medicines”
  2. 薬物治療を受ける患者における生活の質(QOL)や副作用に関する臨床薬学研究
    Studies on clinical pharmacy focused on quality of life of patients and drug adverse events in pharmacotherapy
  3. 薬剤師によるファーマシューティカルケアに対する医療経済学的評価
    Health economic evaluation of pharmaceutical care by pharmacists
  4. 薬剤疫学的手法による医療データの解析と臨床への活用
    Analysis of clinical data by pharmacoepidemiologic approach and its practical use
最近の研究成果 Research Results
  1. Nagasawa H., Tachi T., Sugita I., Esaki H., Yoshida A., Kanematsu Y., Noguchi Y., Kobayashi Y., Ichikawa E., Tsuchiya T., Teramachi H., The Effect of Quality of Life on Medication Compliance Among Dialysis Patients, Front. Pharmacol., 9:488, doi: 10.3389/fphar.2018.00488 (2018).
  2. Noguchi Y., Ueno A., Otsubo M., Katsuno H., Sugita I., Kanematsu Y., Yoshida A., Esaki H., Tachi T., Teramachi H., A New Search Method Using Association Rule Mining for Drug-Drug Interaction Based on Spontaneous Report System, Front. Pharmacol., 9:197, doi: 10.3389/fphar.2018.00197 (2018).
  3. Tachi T., Yoshida A., Kanematsu Y., Sugita I., Noguchi Y., Osawa T., Yasuda M., Mizui T., Goto C., Teramachi H., Factors influencing the use of over-the-counter drugs and health foods/supplements, Pharmazie, 73, 598-604 (2018).
  4. Esaki H., Tachi T., Goto C., Sugita I., Kanematsu Y., Yoshida A., Saito K., Noguchi Y., Ohno Y., Aoyama S., Yasuda M., Mizui T., Yamamura M., Teramachi H., Renoprotective Effect of Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitors in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus, Front. Pharmacol., 8:835, doi: 10.3389/fphar.2017.00835 (2017).
  5. Teramachi H., Saito K., Esaki H., Kato M., Usui K., Noguchi Y., Tachi T., Katsuno S., Questionnaire Survey of Implementation Status of “Education for Medicines” at Junior High School in Japan, Jpn. J. Pharm. Health Care Sci., 41, 870-879 (2015).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る