大学案内

分子生物学研究室

研究テーマ Research Interests

分子生物学研究室では長年にわたりニューロンの発生、分化促進や生存維持、シナプス可塑性を含む神経機能の維持に働く、神経栄養因子に関する研究に取り組んでいる。近年は、遺伝子発現の多彩な制御機構にも注目し、その神経機能における役割の解明にも力を入れている。また、この2本柱の基礎研究の成果に基づき、精神・神経疾患の病因解明や治療薬の開発をめざした応用研究を展開している。たとえば、神経栄養因子様の細胞内シグナルを生成する蜂産品、低分子化合物、神経栄養因子を豊富に産生する細胞を精神疾患、脊髄損傷などの治療に応用する研究を行っている。最近、ヒトの歯髄細胞が神経栄養因子の発現・分泌を介して損傷脊髄の修復作用を示すことを見出し、歯髄細胞の移植によりヒトの脊髄損傷を治療する臨床共同研究の一翼を担っている。脊髄損傷の治療法は確立しておらず、この研究は臨床医学的に大きな期待を集めている。

研究課題 Research Objectives
  1. 神経栄養因子の医学的応用に関する研究
    Investigations aimed at clinical application of neurotrophic factors
  2. 脳の機能的発達における mRNA 前駆体の3′-末端修飾の役割に関する研究
    Investigation for biological roles of the pre-mRNA 3′-end processing in the functional development of the mammalian brain
  3. 体性感覚と情動の神経回路の発達に関する研究
    Investigation for the neurocircuit development of somatosensory and emotional systems.
  4. 神経細胞における DNA/RNA グアニン四重鎖構造の生理機能に関する研究
    Investigation for physiological functions of DNA/RNA G-quadruplex in neurons.
最近の研究成果 Research Results
  1. Nagashima K., Miwa T., Soumiya H., Ushiro D., Takeda-Kawaguchi T., Tamaoki N., Ishiguro S., Sato Y., Miyamoto K., Ohno T., Osawa M., Kunisada T., Shibata T., Tezuka KI., Furukawa S., Fukumitsu H., Priming with FGF2 stimulates human dental pulp cells to promote axonal regeneration and locomotor function recovery after spinal cord injury. Sci Rep. 7, 13500 (2017).
  2. Shioda N., Yabuki Y., Wang Y., Uchigashima M., Hikida T., Sasaoka T., Mori H., Watanabe M., Sasahara M., Fukunaga K., Endocytosis following dopamine D2 receptor activation is critical for neuronal activity and dendritic spine formation via Rabex-5/PDGFRβ signaling in striatopallidal medium spiny neurons. Mol Psychiatry. 8, 1205-1222 (2017).
  3. Soumiya H., Godai A., Araiso H., Mori S., Furukawa S., Fukumitsu H., Neonatal whisker trimming impairs fear/anxiety-related emotional systems of the amygdala and social behaviors in adult mice. PLoS One. 6, e0158583 (2016).
  4. Kasai M., Jikoh T., Fukumitsu H., Furukawa S., FGF-2-responsive and spinal cord-resident cells improve locomotor function after spinal cord injury, J. Neurotrauma, 31, 1584-1598 (2014).
  5. Fukumitsu H., Soumiya H., Furukawa S., Knockdown of pre-mRNA cleavage factor Im 25 kDa promotes neurite outgrowth. Biochem Biophys Res Commun. 425, 848-853 (2012).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る