大学案内

分子生物学研究室

研究テーマ Research Interests

分子生物学研究室では長年にわたりニューロンの分化促進や生存維持、シナプス可塑性を含む神経機能の維持に働く生体内因子である神経栄養因子に関する研究を遂行している。すなわち、脳神経系の発生から発達、成熟及び老化に至る過程で起こる神経細胞の分化、移動、神経回路網の構築などの現象を、神経栄養因子の働きに焦点を当てながら分子、細胞、組織レベルで解明する。さらにこれらの基礎研究の成果を基に、精神・神経疾患の病因解明や治療薬の開発をめざした応用研究を展開している。たとえば神経栄養因子様の細胞内シグナルを生成する低分子化合物を開発し、うつ病、脊髄損傷や神経発達障害などの治療に応用する研究を行っている。又、ローヤルゼリーやプロポリスなどの蜂産品やその成分の生物活性を明らかにし、ヒトの健康増進や疾患予防に役立てる研究も行っている。最近、ヒトの歯髄細胞が脊髄損傷修復作用をもつことを見出しこれを移植してヒトの脊髄損傷を治療する臨床共同研究の一翼を担っている。脊髄損傷の治療法は確立しておらずこの研究は臨床医学的に大きな期待を集めている。

研究課題 Research Objectives
  1. 大脳皮質の形成と機能的発達に及ぼす神経栄養因子の役割に関する研究
    Investigation for physiological roles of neurotrophic factors during formation and functional development of the cerebral cortex
  2. 神経発達障害の病態理解をめざした高次脳機能の発達に関する研究
    Investigation of the functional development of the brain related to cognition, learning and memory, aiming to understand pathology of neurodevelopmental disorder
  3. 脊髄損傷の修復治療をめざした研究
    Investigations aimed to improve locomotor function after spinal cord injury
  4. 神経栄養因子に類似のシグナル伝達作用をもつ低分子量物質の開発
    Application of a LC-MS system in the fields of life science and clinical chemistry
最近の研究成果 Research Results
  1. Shibata S., Iinuma M., Soumiya H., Fukumitsu H., Furukawa Y., Furukawa S., A novel 2-decenoic acid thioester ameliorates corticosterone-induced depression- and anxiety-like behaviors and normalizes reduced hippocampal signal transduction in treated mice, Pharmacol. Res. Perspect., in press.
  2. Kasai M., Jikoh T., Fukumitsu H., Furukawa S., FGF-2-responsive and spinal cord-resident cells improve locomotor function after spinal cord injury, J. Neurotrauma, 31, 1584-1598 (2014).
  3. Ohtsuka M, Soumiya H, Hanai M, Furukawa S, Fukumitsu H. Neurotrophin-3 influences the number and the laminar fate of cortical progenitors in the developing cerebral cortex of mice through the MEK/ERK1/2 signaling pathway, Biomed. Res., 34, 231-239 (2013).
  4. Fukumitsu H., Soumiya H., Furukawa S., Knockdown of pre-mRNA cleavage factor Im 25kDa promotes neurite outgrowth, Biochem. Biophys. Res. Commun., 425, 848-853 (2012).
  5. Soumiya H., Fukumitsu H., Furukawa S., Prenatal immune challenge compromises the normal course of neurogenesis during development of the mouse cerebral cortex, J. Neurosci. Res., 89, 1575-1585 (2011).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る