大学案内

薬品物理化学研究室

研究テーマ Research Interests

薬品物理化学研究室では、物理化学的視点より、薬学の分野における反応化学、構造化学、物性化学に関する基礎および応用研究を行っており、以下の点に重点をおいた研究を展開している。
1. 高分子基材表面の改質を利用したバイオアプリケーション
高分子基材表面の改質による新規な医用材料開発に関する研究を行っている。特にプラズマ表面処理を利用して、疎水性高分子基材表面に親水性基(カル ボキシル基)を導入した後、縮合 反応による新たな官能基の導入や高分子グラフト鎖の構築を行い、高効率での活性を保持した酵素や抗体の固定化、あるいは細胞培養に適した高分子表面の構築を行っている。
2. 刺激応答性機能性高分子の開発とそのDDSへの応用
生体内環境あるいは外部刺激(光、熱など)により物性や高次構造等が変化する機能性高分子の開発とそのドラッグデリバリーシステム(DDS)への応用に関する研究を行っている。特に、 種々の重合方法(メカノケミカル重合や原子移動ラジカル重合など)を用いて分子量や高分子構造を制御するとともに、高分子側鎖への刺激応答性部位の導入による高分子の機能化を行い、 ナノドラッグキャリヤーとすることによるDDSへの応用を行っている。
3. 生体分子の有効活用を目的とした高分子複合化に関する研究
酵素などの機能性タンパク質のより有効な活用のために、汎用性の高いタンパク質-高分子複合体調製法の開発を行っている。特に、高分子としてビニルメチルエーテル-マレイン酸共重合 体(VEMAC)およびその誘導体を用いて、酵素の熱安定性改善や高活性保持に関する研究を展開している。

研究課題 Research Objectives
  1. プラズマを利用した高分子基材表面へのリン脂質自己組織化膜の構築とその応用
    Fabrication of self-assembled phospholipid layer onto the polymer surface by plasma-assisted method and its bio-application
  2. 固体プラズマ化学の基礎と高分子の自己組織化を利用したDDS開発
    Fundamentals of solid-state plasma chemistry and application to DDS by self-assembling of polymer
  3. 高次の機能性高分子プロドラッグ開発
    Development of highly functionalized polymeric prodrugs
  4. プラズマ技術を基盤とする機能性バイオマテリアル表面の創成
    Development of functional biomaterial surface based on plasma technique
  5. 生体分子の有効活用を目的とした高分子複合化に関する研究
    Study on polymer conjugation for the effective application of biomolecules
最近の研究成果 Research Results
  1. Kondo S., Omoto M., Sawama Y., Sasai Y., Tatematsu K., Yamauchi Y., Kuzuya M., Synthesis of Amphiphilic Blockcopolymer Using Mechanically Produced Macromonomers Possessing Anhydrate as a Terminal Group and Its Application to Polymeric Micelles, J. Phar. Nutrit. Sci., 4, 37-42 (2014).
  2. Sasai Y., Komatsu A., Kondo S., Yamauchi Y., Kuzuya M., Plasma Irradiation of Poly(acrylic acid) Brushes Fabricated on Polystyrene Substrate and its Characterization, J. Photopolym. Sci. Technol., 27, 369-372 (2014).
  3. Kondo S., Suzuki M., Sasai Y., Yamauchi Y., Kuzuya M., Intermolecular Interaction of Cyclodextrin Derivatives Immobilized onto the Self-Assembled Phospholipid Layer Fabricated by Plasma-Assisted Method, J. Photopolym. Sci. Technol., 27, 385-388 (2014).
  4. Kondo S., Suzuki M., Sasai Y., Yamauchi Y., Kuzuya M., Immobilization of Cyclodextrin Derivatives onto the Self- Assembled Phospholipid Layer Fabricated by Plasma-Assisted Method, J. Photopolym. Sci. Technol., 26, 545-548 (2013).
  5. Sasai Y., Komatsu A., Kondo S., Yamauchi Y., Kuzuya M., Preparation of Enzyme-immobilized Filter Paper using Plasma Surface Treatment, J. Photopolym. Sci. Technol., 26, 559-562 (2013).

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る