大学案内

バイオメディカルリサーチ寄附講座

研究テーマ Research Interests

「非ヒト霊長類を用いた疾患病態モデルの確立と新薬開発研究」が本研究室の研究テーマです。近年、抗体医薬品をはじめとするバイオ医薬品が数多く開発され、最近ではさらにiPS細胞等を再生医療に応用するための研究開発も盛んになっています。これらを開発する上で、ヒトに近いサルを用いた薬効評価系の重要性が高まっています。抗体や核酸医薬品の薬効評価は齧歯類などでは種差によるリガンドとの交差性の問題で評価が難しい場合が多く、サルなどによる評価が必要となります。また、齧歯類を用いた病態モデルではヒトとの組織学的な違いや表現形の違いなどが多く指摘されています。このように、齧歯類との種差を考慮し、サルを用いた病態モデル並びにその評価系を確立することは基礎研究から臨床開発の死の谷を越えて医薬品の成功確率を上げるための強力なツールとなります。本講座では、サルを用いた様々な病態モデルを確立し、その病態解析と薬効評価を行っています。現在、緑内障、加齢黄斑変性及び網膜静脈閉塞症などの網膜疾患の研究を進めています。また、アレルギー及びウイルス感染症の研究についても研究を進める予定です。

研究課題 Research Objectives

1) 霊長類を主体とした動物実験モデルの確立及び病態解析
Establishment and elucidating pathology of animal model using primate

  1. サル滲出型加齢黄斑変性モデルの確立及びその病態解明に関する研究
    Studies for establishment and elucidating pathology of exudative age-related macular degeneration model in monkeys
  2. サル網膜静脈閉塞症モデルの確立及びその病態解明に関する研究
    Studies for establishment and elucidating pathology of retinal vein occlusion model in monkeys
  3. サル緑内障モデルを用いた病態解明及び神経保護薬の評価に関する研究
    Studies for elucidating pathology and evaluation neuroprotective drug of glaucoma model in monkeys
  4. 上記疾患モデルのバイオマーカーの探索研究
    Study for exploration of biomarkers the above disease models
  5. アレルギー及びウイルス感染症などの新規な疾患病態モデル確立及び評価系構築への挑戦
    Challenges for establishment new disease models such as allergy and viral infection and organization evaluation system

2) 確立した動物実験モデルを用いた新薬開発の研究
Studies for development new drugs using established animal model

病態解析&新規化合物の薬効評価

Elucidating pathology and evaluating drug efficacy of new drug

確立した疾患病態モデルを用いて疾患バイオマーカーの探索、病態形成機序の解明、新規創薬ターゲットの探索などに挑戦しています。

Challenges for exploration of biomarkers, elucidating of pathology formation mechanism and exploration new drug discovery target using established disease models

最近の研究成果 Research Results
  1. Horai N and Tsusaki H. Muscle mass measurement by DXA and MRI in non-human primates. Nihon Yakurigaku Zasshi., 152, 126-131, 2018.
  2. Shimazawa. M and Hara H. Establishment of retinal disease models using non-human primates and its strategy for drug discovery. Nihon Yakurigaku Zasshi., 152, 139-146, 2018.
  3. Kuroda A., Enomoto N., Ishida K., Shimazawa M., Noguchi T., Horai N., Onoe H., Hara H. and Tomita G. Movement of retinal vessels toward the optic nerve head after increasing intraocular pressure in monkey eyes with experimental glaucoma. Exp Eye Res., 162, 110-115, 2017.
  4. Noguchi T., Shimazawa M., Hamaguchi K., Araki T., Horai N. and Hara H. Relationship between Elevated Intraocular Pressure and Divided Peripapillary Sector Retinal Nerve Fiber Layer Thickness in a Cynomolgus Monkey Laser-Induced Ocular Hypertension Model. Ophthalmic Res., 58, 99-106, 2017.

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る