沿革

岐阜薬科大学(前:岐阜薬学専門学校)の創立

昭和初期にかけて、日本全体が文化的にまた科学立国として発展するためには、自然科学をはじめ人文科学、社会科学を発展させるという機運が高まってきました。岐阜薬科大学は、日本の薬学の振興を進め、学術の中心として広く知識を広め、深く薬学に関する学理と技術を教育研究し、知的道徳的に優れ、また応用能力のある人材を養成することを目的として設立されました。また、人々への衛生に関する知識の普及に努め、社会福祉を推進し、医薬品の生産と開発を行うことにより、人々への健康福祉に貢献し、日本の国際的地位を高めることを使命としてきました。

 

昭和7年 岐阜市九重町(ここのえちょう)に学舎設置

そのような理念のもと、昭和6年、医薬、化学の知識を広め、併せて県内の資源を開発し、国民保健衛生の普及向上と化学工業の発展に寄与するため、当時の市長松尾国松氏の発議により市議会において本学設立の議決されました。昭和7年4月に、岐阜薬科大学の前身である岐阜薬学専門学校が、市立として全国に先駆け岐阜市九重町3丁目に創立されました。

昭和45年三田洞学舎(航空写真)

昭和45年三田洞学舎(航空写真)

最古の薬科大学 ~歴史と伝統 ①九重(ここのえ)

最古の薬科大学 ~歴史と伝統 ②三田洞(みたほら)

 

沿革(歴史)

  • 昭和 7年 4月 全国初の市立の岐阜薬学専門学校として創立
  • 昭和 24年 3月 学制改革により岐阜薬科大学として新たに発足
  • 昭和 28年 4月 大学院修士課程を設置
  • 昭和 40年 4月 大学院博士課程を設置
  • 昭和 40年10月 キャンパスの移転と拡充(現三田洞キャンパス)
  • 昭和 52年 8月 乗鞍山麓に薬草栽培のための子の原川島記念演習園を開設
  • 昭和 57年10月 創立50周年を記念して、教育研究総合センターを建設
  • 平成 2年10月 市制100年記念事業として、生物薬学研究所を建設、バイオテクノロジ一部門を強化
  • 平成 9年 3月 村山記念情報教育センターを開設
  • 平成 10年 9月 附属薬局を開局
  • 平成 11年 3月 薬草園管理舎を新築
  • 平成 16年 6月 附属薬局を移転
  • 平成 18年 4月 薬学教育6年制に伴い、学部を薬学科と薬科学科の2学科に改組
  • 平成 22年 4月 新学舎に本部を移転
  • 平成 24年 4月 大学院博士課程(4年制)を設置
  • 平成 24年 9月 創立80周年記念事業を実施
  • 平成 26年 1月 博士(薬学)とMBA(経営管理修士)のダブルディグリー取得を目指すプログラムを中京大学と提携