教育

NW大学コンソーシアム岐阜

「ネットワーク(NW)大学コンソーシアム岐阜」は、岐阜県と県内22大学等からなる共同体です。コンソーシアムでは、参加大学等の学生が共通の単位が取得できる「共同授業」を、通常の対面授業、2か所のサテライト会場でのライブ中継とインターネットを活用したオンデマンド授業(eラーニング)とで実施しています。この共同授業は社会人にも開放し、大学の単位が修得できるほか、最先端のテーマを取り上げていることや大学教員、研究者、実務家、企業人等多彩な講師による講義が受講できるということで、質の高い生涯学習の一助にもなっています。また、コンソーシアム参加大学間の「単位互換に関する包括協定」により、参加大学等の学生であれば、各大学等が開講している授業科目の中から希望する科目を履修し、単位を修得すれば、所属する大学の単位として認定されるなど、学ぶ機会が大きく拡がっています。一部の科目では、共同授業と同じようにインターネット・オンデマンド授業でも実施しています。

ネットワーク大学コンソーシアム岐阜のホームページ
http://www.gifu-uc.jp/index.html

単位互換制度

単位互換制度は、2003年(平成15年)4月から岐阜県内の「ネットワーク大学コンソーシアム岐阜(国際ネットワーク大学コンソーシアムから改称、2008年4月)に参加する大学、短期大学及び高等専門学校によって「単位互換に関する包括協定」が締結され、新しくスタートしました。単位互換制度は、岐阜薬科大学に在学する学生のメリットのひとつとして、参加大学等が開講している特色ある授業科目の中から希望する科目を履修し単位を修得すれば、岐阜薬科大学の単位として認定されます。また、認定された単位のうち、所定の要件を満たすものについては、卒業要件単位として認められます。

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る