教育

薬科学科

薬科学科

入学者に関する受入方針(アドミッションポリシー)

製薬企業や研究・教育機関において先端的技術者・研究者として活躍すべく、高邁な志を持ち、薬学を学ぶ基礎としての高等学校教育における基礎学力を十分に身につけた学生を求めています。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

薬科学科の教育目標を達成するために、基礎教育科目と専門教育科目を有機的に関連付け、1年次から卒業年次まで効率的で一貫した教育課程を編成し、人と環境にやさしい薬学教育を実施する。

  1. (基礎教育)薬学の基礎となる自然科学系科目、幅広い教養と豊かな人間性を涵養する多様な人文・社会科学系科目、国際化と情報化社会に対応できる英語力を重視した外国語科目と情報基礎科目から成る基礎教育課程を編成する。
  2. (専門教育)創薬科学及び生命科学に関連する薬学教育科目を薬学一般、有機化学系、物理化学系、生物化学系、創薬学系に区分し、低学年から高学年にかけて系統的に配し、継続性のある専門教育課程を編成する。
  3. (実習)科学的根拠に基づいて問題発見および問題解決能力を備えた創薬科学研究者及び生命科学研究者を育成するため、研究に必要な技術や方法を体得するための実習科目と特別実習を重視した教育課程を編成する。
  4. 創薬学系科目は、研究者として必要な基礎知識・技術はもとより、医療に関する教養、研究現場で必要な実践力が身につくように教育課程を実施する。
  5. 人と環境に配慮できる豊かな人間性と確固たる倫理観を身につける「ヒューマニズム教育」と、常に環境を意識し地球環境を守る倫理観を養う「エコロジー教育」を意識した基礎および専門教育課程を実施する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

薬科学科の学士(薬科学)の学位は、薬科学科に4年以上在籍し、合計124.5単位以上を修得し、将来、以下の要件を満たす創薬科学及び生命科学研究者や技術者などに成り得る者に授与される。

  1. 人と環境にやさしい薬学(グリーンファーマシー)を実践できること
  2. 薬学領域に携わる人として広い教養と豊かな人間性を身に付け、国際化と情報化社会に対応できる英語力を身につけていること
  3. 創薬科学及び生命科学の基礎および先端的な知識・技能を修得し、創薬科学及び生命科学分野の研究能力および技術力を身につけていること
  4. 科学的根拠に基づいた問題発見および問題解決能力を備えていること

薬科学科カリキュラムマップ

薬科学科カリキュラムマップ

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る