教育

共用試験

薬学共用試験は、全国の大学で統一された評価試験です。本学薬学科の6年制教育のなかで、5年次に行われる病院・薬局の医療現場での実務実習では、薬剤師の指導・監督のもとに、薬剤師としての実践能力の修得が行われます。薬剤師資格を持たない薬学生が実務実習を行うには、学生の知識や技能・態度が一定のレベルに到達していることを保証する必要があります。そのための試験が薬学共用試験です。薬学共用試験は、主に知識を評価する客観試験CBT (Computer-Based Testing)と、実技を通して主に技能・態度を評価する客観的臨床能力試験OSCE (Objective Structured Clinical Examination)の2種類の試験より成り立っています。本学の学生は、4年次の後期に薬学共用試験を受験し、CBTとOSCEの両方の試験に合格した場合に、5年次に実務実習を行うことができます。

 

CBT(Computer-Based Testing)

CBTは、客観試験によって一定の基礎学力を有しているか否かを評価する試験です。各受験生は、インターネット経由で送付された問題をコンピューター画面上で解答します。各学生に出題される合計310題の問題は受験生ごとに異なっていますが、各受験生への全出題を通しての難易度は変わらない仕組みになっています。

CBTトライアルの様子

CBTトライアルの様子

 

OSCE(Objective Structured Clinical Examination)

OSCEは、基本的な技能及び態度を客観的に評価するための実技試験です。課題は、全国薬学共用試験センターが大学ごとに指定した6課題であり、表の5領域から1または2課題が出題されます。1つの大学の受験生には同じ課題が出題され、課題は年度ごとに異なります。評価は、本学教員の他に、他大学薬学部の教員、病院勤務の薬剤師、薬局勤務の薬剤師が行います。

領域 出題課題数
1. 患者・来局者応対 1課題
2. 薬剤の調製 2課題
3. 調剤監査 1課題
4. 無菌操作の実践 1課題
5. 情報の提供 1課題

OSCEテストランの様子

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る