教育

学部教育

学部教育
学部の教育目標は、「薬学専門職業人の育成」であり、具体的には「広い学術的知識とともに、深い薬学に関する学理と技術を有し、常にヒトと環境への配慮を行いつつ、知的・道徳的に優れ、また応用力のある人材を育成する」ことにある。

医療技術の発達・先進化、医薬分業の進展および疾病構造の変化など、近年の医療を取り巻く環境は大きく変化しています。そこでこれに対応できる優秀な薬剤師や先端的な創薬研究を担う人材など、質の高い薬の専門家を養成するための新しい薬学教育が平成18年度から開始されました。本学では薬剤師を養成するための教育課程として修業年限が6年の薬学科と、これまでの4年制薬学教育の伝統を生かすため、4年制の薬科学科を設置しています。薬学科を卒業すると薬剤師国家試験の受験資格が与えられます。薬科学科の場合は、大学院修士または博士の課程を修了した後、薬学科の卒業生と比べて不足している科目や実習の単位を追加履修し、「薬学科の卒業生と同等以上の学力及び技能を有する」と厚生労働大臣が認定することにより、薬剤師国家試験受験資格が与えられます(平成29年度までの薬科学科の入学生への措置:詳細は教務厚生課に確認してください)。

薬学科

薬学分野における最新の学理と技術を教授研究し、高度な知識・技能並びに豊かな人間性と高い倫理観を身に付けた優れた薬剤師及び臨床薬学研究者を育成することを目的としています。

薬科学科

薬学分野における最新の学理と技術を教授研究し、創薬科学及び生命科学に関する先端的な知識・技能と研究能力を身に付けた優れた研究者及び技術者を育成することを目的としています。

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る