教育

EGPSの設置と活動

グリーンファーマシー教育推進センター(EGPS)

平成18年4月1日設立

目的

「豊かな人間性と強い倫理観に支えられた優れた人格の形成」、および「医療薬学と創薬科学の高度化に対応しうる人材の養成」に必要な教育を推進する学内拠点

使命

本センターは、本学の「グリーンファーマシー」を目指す基本理念の下に、学部および大学院の教育目標を達成するための具体的な教育内容・方法などを立案、実施し、その結果の評価をもとに改善に努めることを任務としています。

活動計画

  1. 問題発見・解決能力を醸成するための少人数教育と学生参加型教育の充実
  2. 豊かな人間性と幅広い教養の上に、確固たる倫理観と薬学の基礎的な能力を身につけるための教育の更なる充実
  3. 国際化する薬業界および医療環境の現状に対応するための実用英語教育ならびに情報処理教育の更なる充実
  4. 附属薬局および育薬研究センターを活用した真に臨場感溢れる薬学教育の実践および実務実習の充実
  5. 国際的に活躍できる専門的能力の向上を目指した大学院教育の充実および社会人大学院生の積極的受入れ体制と教育システムの確立

組織

本センターのスタッフは、センター長及び本学の教職員から任命されたセンター員若干名からなり、活動・事務補佐職員2名です。本センターの活動は、教務厚生課による支援および関連する委員会との密接な連携のもとにおこなわれます。

 

EGPSの提供するサービス

  • PBL、SGD準備の補助、TAに関する業務内容調書、推薦調書の管理、人数の調整、それぞれのアンケートの集計・まとめ、報告書の整理・保管など
  • 早期体験学習のためのバスの手配、実務実習受け入れ先への書類の発送などの諸準備、アンケートの集計・まとめ
  • 医療人GPの会計事務全般、フォーラム開催の準備および運営の補助(印刷物の発注、資料作成、必要備品の調達、発送、ビデオ編集)など
  • OSCE、CBTトライアルの運営業務補助、(資料作成、印刷物の発注、必要備品の調達・準備、発送業務、ビデオ編集、アンケートの集計・まとめなど)、修士論文発表評価トライアルの成績集計および評価表の作成、配付
  • 備品(PC、プロジェクタ、HDDカメラ)の貸出、管理
  • その他講義・実習アンケート(マークシート形式)の集計とまとめ、実績資料保存のためのビデオ編集、教材、教科書作成の補助など

岐阜薬科大学について

学生掲示板

HOMEに戻る